月曜日, 2月 19, 2018

マシュー君のメッセージ(135)

2018年2月13日



変化の証拠、偏見、祈りとメディテーション、集合エネルギーと集合意識、諜報エージェント、自由意志、宇宙戦争、ルシファー

マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。たくさんの人々の気持ちを代弁しているある読者からのコメントをシェアします。「マシューや他のメッセンジャーたちは光が世界を変革していると言います。私にはそれが現実になっているという証拠が見えません」。そして、対立する国家、政府内の政治的内部抗争、貧富の格差、残忍な政権、無差別テロ、サイバースペースと核戦争の恐れという状況を挙げています。

そのような状況があなたたちの世界にまだあるのは、それらがそれぞれのエネルギーの経過を辿り終えていないからです。僕たちに見えているように、あなたたちにもその証拠が見えるとどんなにいいでしょう。そのような状況のエネルギーストリーマー(流れ)や他のネガティブな付加(アタッチメント)をもつ全ての力を光が着実に消しているのです。愛するファミリー、第3密度の苦難が終わりつつあるという紛れもない証拠をどうしても見たいというあなたたちの気持ちはわかります。そして、それをあなたたちは見ることになります。光が闇に根ざすあらゆるものを弱め、あなたたちの世界から徐々になくし続けているので、あなたたちがライトワーカーとしてしっかりといることがあなたたちと地球にとって大きな助けになるのです。

「どうぞマシューに訊いてください。どうして人種差別や宗教的偏見が増大しているのですか?光が強くなっているのですから、減っているはずではないでしょうか?」

以前より増大しているのではありません。それが人類に及ぼしたダメージ(被害)が癒されるように、長い間の破壊的なことが“明るみに出され”ているのです。偏見は持って生まれるものではありません・・何世紀に渡って世代を通して徹底的に教え込まれるものです。それがもたらしている対立こそ闇の人間たちが大衆を支配する上での強力な味方なのです。偏見は、姿が異なる、異なる信仰、異なる社会的、文化的あるいは人種的遺産、異なる思想を持つ人々に対する優越的態度として見られますが、実際はそのような違いへの恐れから来る不安感なのです。そのような態度も変わりつつあります。波動エネルギーが引き続き高まり、意識とスピリチュアルレベルの気づきが広まるに連れて、全ての人々は劣っているとみなす転生を自分たちが経験してきていることを知るでしょう。全ての存在が本来は一つというワンネスを知るでしょう。そして人類はあらゆる人々が誰でも持っている憧れ、夢そして家族愛によって結ばれるでしょう。

「私はもう平和デモに参加することはできませんし、それらの団体に寄付するお金もありません。平和のために祈ることでそのような大事な取り組みに貢献できるでしょうか?」
 

ええ、本当にできます。祈りとは、宗教的な本の言葉を繰り返したり、神を何と呼ぼうと、それに何か特別なことを願ったり、受け取ったことに感謝することだとあなたたちは教えられています。祈りはそれよりはるかに意味のあることなのです・・それはあなたたちのあらゆる思考と感情です。

僕たちが何度も言っているように、思考と感情はエネルギーであり、宇宙の引き寄せの法則がそれを集合意識にある同じエネルギーと結びつけ、あなたたちに引き戻すのです。祈りが平和を願うものであれば、そのエネルギーは広まり、さらに多くの同じものを引き戻し、地球に平和をもたらしているたくさんの集合エネルギーに加わります。世界平和は心の平和から始まる、とも言いました・・そのような高い波動エネルギーが流れ出して同様なエネルギーと交わる時、その波及効果は計り知れません。  

世界中でメディテーションの会を開いているグループの数が増大していることも付け加えたいと思います。人々が一緒になって平和に心を集中すると・・動物たちへの優しさ、国際的協調、相互尊重、環境保全、あらゆるものの繁栄など、あなたたちが世界に望むものすべてです・・そのエネルギーは級数的に増大し、それらのアイデアの現実化を日毎に引き寄せます。メディテーショングループの祈りとそれに積極的に、あるいは遠くから参加することの価値は過小評価できません。    

また、全く異なることでの集合エネルギーについても質問がきています。

「北朝鮮の核脅威、他の敵対的な核兵器保有国、アメリカ政府の軍備拡張計画、核戦争についての議論などへの世界中の不安が重なり合ったら、発射された核弾頭の爆発を防ぐETの能力よりも強力になるのではないでしょうか?」

いいえ。地球の住民たちがお互いにそして自然と平和に暮らして欲しいというガイアの願い、そして安全で平和な世界を望む人々の願いにある光は、核兵器や戦争についての考えや言葉からの総合エネルギーよりもはるかに強力です。そしてそのような戦争を起こそうという計画もありません。そうは言っても、宇宙での核爆発はあってはならないという創造主の命令があるために、あなたたちの上空にいる宇宙船乗組員たちは、惑星上のすべての場所に保管されているものを含め、発射される核弾頭を全て同時に機能停止にするテクノロジーを持っています。 

「イルミナティのスパイ(二重スパイ)は全ての情報機関にいるのですか?そのような危険な仕事をなぜ人は引き受けるのでしょう?」


イルミナティはあらゆる国の情報機関にエージェントを持っていて、上位ランクの幹部たちに正確な情報を送ったり、もし命令されれば、怪しまない情報源に偽情報を送ったりします。それらのエージェントの一部はスパイですが、そのような役目で働く他の人間たちはイルミナティではありません。二重スパイについて言えば、買収や脅迫、あるいは家族の安全が脅かされたためそうしている人たちもいます・・これはイルミナティの人を集める戦術です。政府の政策に不満を持っているために他の政府へ便宜を図る人たちもいます。ほとんどは自分の国への愛国心からそうするのです。スパイ行為・・そしてプライベートな暮らしの監視・・があなたたちの歴史の本の単なる1章になる日も近いでしょう。 

「どうかマシューに尋ねてください。神が私たちに自由意志を与えたのなら、どうして神はアヌンナキとカバリストたちに私たちの自由意志の選択を徹底的に奪うことを許し、そのために私たちの自由が制限され、彼らの経済的奴隷になっているのでしょうか?」


一部の人間たちは自分たちの自由意志を使って他の人たちの行動を阻害します。けれども、どのような状況に対してであれ、それへのあなたたちの反応の選択についてあなたたちがどう思い、感じるかを誰も妨害したり、限定することは決してできません。

ですから、創造主は大宇宙コスモスの全ての魂たちに自由意志とそれに本来備わっている具現化能力の贈り物を与えました。この宇宙の神と他の宇宙の統治者たちは、それぞれの宇宙の全ての魂たちの自由意志の選択を尊重するというこの大宇宙コスモスの法を遵守しなければなりません。有史以前から、この宇宙の魂たちはこの贈物を使って、他の計り知れない数の魂たちの自由と経済的豊かさを抑圧して来ました。僕の母が神にどうしてそれを許したのか聞くと、神はこう答えました。

           何にも増して、創造主の自由意志の法がある。しかしたとえ誰かがそれを使って他の人間を傷つけたとしても、私には何もできない。だから、私はその最初の人間の傷つける行為を全て経験するだけでなく、2番目の人間の傷つく感覚を全て経験するのだ。私は、人間や他の生命体がこの宇宙のどこにいようと、その全ての苦しみから逃れることはできないし、同じように全ての喜びを経験しないこともできない。だからこの自由意志の行為を私が“許す”という問題ではないのだ。わかるね?

      あなたたちの政府は本当に自分たちを恥ずかしいと思うべきだ。なぜなら、宇宙の真理を明らかにすることになっていた時限を当に過ぎているし、そこにいる他の生命体がこの肉体転生の間にスピリチュアルに完全に開花することを妨げているからだ。つまり、あなたたちの政府が多くの真理を隠しているために、あなたたちは経験の選択をごまかされているのだ。あなたたちの教会指導者たちも同じだ。地球は、人々のそれぞれの気づきの遅れを心から悲しんでいる。特に人間同士と動物への扱いに関して、そこに今転生している魂たちによって選ばれたスピリチュアルな気づきの進展が大幅に遅れていることがある。

      「では、実際何十億という魂たちがわずかなの強力な人々の自由意志の決定によって犠牲になっているとあなたは言っているのですね」 

      いや、いや、私はそうは言っていない。それに私が言いたいことはそれでもない。あなたが感想をタイプし始めたので、私は話が途中で終わってしまったんだよ。魂、肉体ではない、がここでは問題なのだ、スージー。確かに、起きているたくさんのことは本来合意されたことではない。しかし、今その魂レベルでの修正が行われている。あなたが言うように、本当に他人を“犠牲に”している人間たちは・・私に言わせると“本来の合意に従って生きていない”人間たちだ・・実際は自分自身の魂の進化だけを犠牲にしているのだ。数少ない“加害者たち”の自由意志のせいで本来の選んだ学びを経験していない人たち、あなたたちが“犠牲者”と見ている人たちは、そこでの肉体転生を離れてから、それが地球であろうとそこを超える場所にいようと、魂の飛躍的成長を遂げている。しかしもちろん彼らは意識レベルではそれに気づくことはないがね。(『マシューブック:新しい時代への輝き』からのこの抜粋は1989年に受信されました)。

ありがとうございます、お母さん。さて、神は許されていることをやっています・・神は、地球の全ての魂たちが自由に生き、地球の豊かさを平等に共有して欲しいと言うガイアの自由意志の選択を尊重しています。それを達成する助けとして、神はスピリチュアルに進化した強力な宇宙文明社会が莫大な量の光を地球に送り、それらの文明社会からのボランティアが地球に転成して人々の気づきを助けることを認めたのです。リニアル時間の80年以上前にガイアが彼女の選択を表明して以来、地球上の光は着実に強さを増しています。そして気づきを得た人々が自由意志を使って望むものを創造しています・・全ての存在に自由と公平さと繁栄がある平和な世界です。これが遅々としてしか進まないことが度々あるように見えるかもしれませんが、地球の文明社会のスピリチュアルと意識レベルでの進化は、この宇宙でも未曾有のスピードで起きています。

「“闇の人間たち”は第四密度やそれ以上の高い次元では存在できないとよく言われています。もしそうであるのなら、言われている宇宙戦争をどう解釈したらいいのでしょう?そして“堕天使”ルシファーの存在はどうなんでしょう?」


そのような戦争では、密度とは場所のことで、スピリチュアルな進化の地位ではありません・・人々と文明社会は知性とテクノロジーの発達では高く進化しているかもしれませんが、彼らには生命力であるわずかな閃光しか光がないのです。時間のないコンティニュウム(時空連続体)の中の一部のエネルギーレベルでは、そのような戦争が進行中ですが、別のレベルでは戦いは鎮まっています。また別のレベルでは、以前の戦争好きだった人間たちが平和に暮らしています。それはあなたたちの時間感覚で短い間だったり、永劫だったりします。

ルシファーについての理論が対立しているように見えるのは、時間のないことが原因です。創造主の自らの最初の顕現であった大天使ルシファーには“始まり“の純粋な愛と光のエネルギーが残っています。同”時“に、彼と他の天使たちは創造主のエネルギーを使って生命体を創造する材料を開発することを考えています。また別のアストラル領域では、彼らはその材料を使って実験をすることを始めています・・これが密度の始まりです。

同時に別の領域では、彼らは知性と感情を持つ半動物半人間の生き物や獰猛だったりおとなしいドラゴンを陸地と海に作っています。そうすることで、彼らはより密度の重いエネルギーを作り、そこに“堕ちて”、光の中にあった“始まり”からさらに離れて行っています。あなたたちの神話にあるようなそのような長命の哀れな生き物を作って喜んでいるために、ルシファーと彼の仲間たちは、時には“ルシファーエネルギー”と呼ばれるさらに重い密度のエネルギーを作り、その中に堕ちて行っています。そして、以上のすべてが異なる波動エネルギーの無数の領域で起きているまさに同じ瞬間に、ルシファーと彼と一緒に“堕ちた”天使たちの一部が彼らの道の誤りに気づいて、いまは光に戻る様々な段階にいます。
 
愛する兄弟姉妹たち。この宇宙では、あれもあればこれもあるとか、何かのタイミングで起きることなど何もありません・・あらゆることは“今”あるのです。そしてあらゆる場所にある、あらゆることが、ほかのあらゆる場所の、ほかのあらゆることに影響します・・それほどあなたたちのあらゆる考え、感情、行為が遠くまで影響するのです。でも、宇宙の仕組みはシンプルです。人々が複雑に考え混乱を招いて、自由意志の贈り物を誤って使うのは低い意識レベルにあるからにすぎません。進化とともに、創造主が全ての魂たちを生まれさせた時に意図した・・神性なる・・生を、ただ本来のあるがままでいることで経験するようになるでしょう。それは、大宇宙コスモスの独立した、しかしほかの全ての魂たちと不可分の、愛と光のエネルギーから創造された唯一の神性なる永遠の魂という存在です。
                     ______________________________




愛と平和を



スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄




(転載自由:原典を明記してくださると嬉しいです)

土曜日, 1月 20, 2018

マシュー君のメッセージ(134)

2018年1月14日




2018年の楽観的気持ち、地球の着実なアセンションコース、気候変動、トランプとプーチン大統領、2016年大統領選挙の干渉、ETのディスクロージャー、イルミナティの崩壊、内なる平和

マシューです。この宇宙ステーションにいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。たくさんの僕たちの愛する地球ファミリーが自信と楽観的気持ちで新年を迎えているのを見るのはとても喜ばしいことです・・物事が早く進展し始めれば、このような態度でいることがふさわしいことに気づくでしょう。僕たちは、そこにいる全ての人たちが希望に溢れた将来への展望を持って欲しいと思いますが、それが極めて困難である人たちもいることも知っています。

ある読者が長いコメントの中で、「光が闇を駆逐しつつあるという兆候は全くありません。闇は刻々とその暗さを増しつつあります」と言い、そして「もし彼(マシュー)が言っていることが本当なら、それは今から何世紀も先のことでしょう。これからそうなるだろうと言うのでさえ人を惑わすことです」と結んでいます。この愛する魂を僕たちは悲しく思います。彼女は、希望を持たらす光に心を閉ざしているので、光の高い波動エネルギーが入れず、彼女が言う主にアメリカ合衆国政府が取っている方向についての失望感を一掃することができないのです。

以下のような読者の見方は歓迎です。「トランプの大統領としての役割は、どのように私たちが自由になるために必要な場所に向かう助けになっているのでしょう?」確かに、アメリカ合衆国だけに深刻な分断化が広まっているわけではありませんが、大統領の決定は世界中の国々に影響を与えると言うことです。あなたたちが見ているそこに起きていることは、ほかの全ての場所でも同じように、いわば表向きの顔です。見えないところで起きていること、そしてそれが集めている地球の可能性のエネルギー場での勢いを僕たちは知っているので、あなたたちが不安に思う行為は、強度を増している光が混乱から秩序をもたらし、分別ある論議と究極的な和解を世界の舞台に先導するための触媒だと言えます。

1年前に僕たちがメッセージで言ったことが今具体化しつつあります・・まだ漠然としていますが、形となり明確さを得つつあります。

      惑星の波動エネルギーが、地球とその全ての生命体にとって最も役に立つ取り組みだけを力づけ、後押しするでしょう。そうではないものは全て長くは留まっていられないでしょう。

      苦労して勝ち取った社会的公正さの権利と進歩が無駄になることはありません。後戻りすることが地球の人々の運命ではなく、それは平和、相互の尊重、協力、自然と調和した暮らしに向かって絶え間なく前進することです。(2016年12月9日)

そのような素晴らしい世界が一瞬に起きることはないですが・・なぜなら人々はそれが可能だと信じていないからです・・それに何世紀も掛かることはありません。はるか遠くの宇宙文明社会人たちや近くにいる宇宙船の乗組員たちからの様々な支援、そして地球のライトワーカーたちの計り知れない貢献によって、宇宙でもかつてないスピードで地球の人々の第3密度の深い眠りから気づきの目覚めへの変換が起きています。意識とスピリチュアルの前進に10年の遅れがありましたが、全ての市民に平等の権利を認める法律ができたことを考えて見てください。以前は、多くの人々には不公正な偏見や差別、卑劣な扱いに対して何も手段がなかったのです。実際、地球の全ての人々に公正さがもたらされるまでには長い道のりがありますが、その一人ひとりは神の等しい分身であり、その全てを神は無条件に愛しています。その時は日毎に近づいています。

“ユートピア”は小説でフィクションです。でもそこに描かれている生活は全てに行き渡っている愛のエネルギーのパワーから来ています。それはガイアが選んだ地球の姿とそこの全ての暮らしと同じです。ですから、あなたたちと惑星地球は強烈な光の領域に向かっているのです。そこでは愛という高い波動エネルギーしか存在できません。無数の魂たちが第3密度カルマを完了することを選び、それに全ての人々の自由意志が一緒になって、それが始まった80数年前以来、ジグザグのコースをたどって来ました。地球がしっかりとアセンションを続け、次々とより密度の軽いアストラル領域に入って行くにつれ、よりまっすぐでスムースなコースになって行くでしょう。 

気候に関しては、あなたたちの質問をここに加えなくても、僕たちのコメントははっきりしています。まず言っておきますが、記録的な低温と積雪は“地球温暖化科学説”が間違っていることを証明するわけではありませんし、オーストラリアの異常熱波もそれを証明するものではありません。

“気候変動“と言う言葉は何が起きているかを如実に示しています。でもそれが自然に起きているという説・・かつての灼熱の地球がその後突然氷河期になり、それが長期の熱帯気候に移り、また突然氷河期に移行すると言うことを繰り返す・・はもっともらしい理論です。記録されている惑星地球の歴史で、異常な高温や異常に強大な嵐の一つの原因である人為的な気象操作があったことはこれまで決してありませんし、有毒物質などによってこれほど大気が汚染されたこともありません。そのどちらも自然には起きません。

エル・ニーニョとラ・ニーナは気候変動の原因ではなく、その結果です。火山噴火、地震や揺れは、それらの二つの原因の一つも人工的であるという意味でのみ気候変動に関係しています・・化石燃料の抽出そのものとそれに関わるプロセスによる地球への深刻な影響です。

また別の原因は、地球がネガティビティ(破壊的エネルギー)を溜めこまないように放出することですが、彼女がそれをする必要があるのは人間たちの行為のせいで、それがネガティビティを生んでいます。いいえ、氷河期も煮えたぎるような世界も地球の未来にはありません。そうです、地球は今も世界中の温暖気候に向かって進んでいます。同時に、そうです、その点で「人間の干渉が地球の進展の妨げになっています」。けれども惑星地球の全ての暮らしぶりはより良い方向に向かっているので、気候変動プロセスはスピードを増して行くでしょう。
  
「マシューが、トランプ大統領について批判的なことを言うことはジャッジすることになり、彼のいる宇宙領域の魂たちもそれはしないので、控えているのは理解できます。でもトランプとプーチンとの間の結託があったのかどうかは私たちに言えるのではないでしょうか?」
もし“結託”が、トランプがアメリカ合衆国の経済制裁を止める代わりに、トランプ大統領の有利になる選挙結果に影響を与えるためにプーチン大統領が何でもするという公式合意があったと言う意味であれば、そのような合意はなく、従って結託はありませんでした。真相はこうです。トランプ大統領は、たしかにヒラリー・クリントンの信用を落とすような情報をロシア人たちから欲していました。そして彼は、彼の経済的取引を知っているロシア人たちにはそれらの情報を公にしてもらいたくないと思っています。彼は公式に必要とされているその報告をしなかったのです。どちらの大統領もお互いの国が友好関係にあってほしいと心から願っています。
   
「2016年の大統領選挙に誰が“干渉した”かについて、マシューの情報は信じられると思います。ロシア/プーチンが責任あると一般に信じられていますが、この主張が本当であるという動かぬ証拠はありません。コンピュータのハッキングを実際にやった人間の証拠があるのなら、どうしてそれがこれまで明らかにされないのでしょうか?」

ロシアについての広く信じられている考えは、プーチン大統領が協力を拒否したことへのイルミナティの見せしめですが、真実を知らないことから来ています。

プーチン自身と僕たちのメッセージの読者たちの他に、彼が“干渉”を命じなかったことを確かに知っている唯一の人間は、ハッキングをしたイルミナティの諜報員たちと、同じ諜報部にいる僕たちの特殊部隊員たちだけです。ですから、僕たちが言えるのはこのような問題で一般に信じられていることは、どのような事でも何度も繰り返されると“事実”になると言う良い例です。ヒラリー・クリントンのイルミナティ仲間が民主党全国委員会にいることを示す証拠が大統領選挙前に入手できる状態でした。彼らはその証拠が一般に知られたり、ロシアが潔白であることが証明されて欲しくないので、買収、脅迫、殺しの脅し、暗殺によってその証拠を隠しています。でもその真実は明らかになるでしょう。

「アメリカのニュースでのETの宇宙船の映像が、政府の隠蔽が終わり、ディスクロージャー(情報公開)がもうすぐ起きるということになるのを願っています」

それは心強い最初のステップでしたね。政府もやがては他の宇宙文明社会の存在を認めることでしょう。けれども、この政権は混乱状態にあるために、地球外生命体の存在を公式に発表する予定は今はなく、それがいつ優先事項になるのかもはっきりしません。完全な情報公開には宇宙船の着陸やあなたたちの中にいる宇宙ファミリーメンバーたちの紹介が含まれますが、それがいつになるのか僕たちも知りません・・神のみが全員の安全が保証される時期を知っているので、そのタイミングの責任を負っています。

僕たちが観察することからすると、アメリカ合衆国政府は他の宇宙文明社会の存在とは何の関係のないことについての情報を公開することの方により関心があるようです。一部の政府関係者たちは、奴隷と小児愛者組織、不正な麻薬取引、融資会社、税金、証券取引所の支配による世界経済操作、主要メディアの支配、政府、宗教、教育、娯楽分野への影響力、テログループの資金源にもなっている莫大な金銭の横領、世界中の混乱の扇動といったことの背後にいる人間たちを明らかにし、責任を取らせる国際的取り組みに関わっています。つまり、イルミナティとその子分たちを根こそぎにすることです。

このような悪どい活動に少しでも真実の光が照らされると、イルミナティは必ず“陰謀説”としてラベルを貼って来ました。それはそのような情報をゴミとして片付けるために作られた言葉で、そのようにして彼らの入念に作られた嘘のネットワークを守っているのです。今そのネットワークが急速に解体し、たくさんの人々が逮捕されているので、イルミナティはドミノのように崩壊していくでしょう。

あなたたちの周りは、矛盾する報告、重要な事実の省略による歪曲、不完全な言語の訳、事実として伝えられた意見や誤った解釈、膨大な数の意図的な虚偽を含む歴史的な情報で満ち溢れています。ですから、そうです、“情報の消化と判断”の燃え尽き症候群になるかもしれません。でも世界の出来事を知ることを避けるのではなく、あなたたちが最も信頼できると感じるソースだけに限定してください。あなたたちの見極める力に磨きをかけること、そして内なる声に問うことで本当のものとそうでないものを選り分けてください・・魂は何が真実で、そうでないかを知っています。

そして、愛する魂たち、どうか“ニュース”に感情的に引き込まれないようにしてください。この瞬間のあなたたちの世界のような混乱した世界に僕たちも暮らして来ました。全てのことは、魂の集合体がバランスと進化の達成のために選んだことをいま経験しているのだとなかなか思えないのは僕たちもわかります。世界の動きにあっては、思いやり、共感、心配りに感情が伴う必要はありません。単に、あらゆる地球の存在に愛と光を送り平和を感じてください・・内なる平和のエネルギーが平和な世界を創造するのです。

この宇宙の全ての光の存在たちが無条件の愛であなたたちを支え、あなたたちの前進を励ましています。
                                        _______________________


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文: Matthew's Messages
訳文責: 森田 玄


(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)

日曜日, 12月 31, 2017

マシュー君のメッセージ(133)

遅くなりましたが今年最後のメッセージを送ります。いつも読んでくださっている読者の皆様に心から感謝すると同時に、このメッセージが現代の混乱の時代に皆様の人生への何らかの励ましとエンパワーメントになれば幸いに思います。

2018年がさらに素晴らしい気づきの年になることをお祈りします。
                             森田 玄

    ********************************

2017年12月16日 


 
10年の遅れの終り、愛と光を送ること、フランシス法王、パレレルワールドとポッシブルワールド、地球のETたちの姿、宇宙ファミリーの親戚たち


マシューです。この宇宙ステーションにいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。毎年あなたたちの聖なる日々の季節には、持てる人々が持たざる人々に分かち合うというたくさんの良いことが世界中で起こります。寛大さ、気配り、思いやりの心がたくさんの光をもたらします。このような日々が間近になっている地球はかつてないほどに輝いています。

前回のメッセージで、たくさんの魂たちが選んだカルマを経験する状況を作った後は、光の勢力に加わるという合意を一部の魂たちが無視したために起きた、地球の人々のスピリチュアルと意識レベルでの進化の遅れの10年が、あなたたちの2017年で終わると言いました。ではそれをこれまで起きたこと、そしてこれから起こることという観点から見てみましょう。

ほんの80数年前、地球がまだ第3密度に深く閉じ込められていた時、気づきを得た人はほとんど誰もいませんでした。他の宇宙文明社会からの光の注入によって地球のアセンションができるようになり、それを地球住民の全てが受けられるようになりました。そしてボランティアたちが彼らの故郷の星からやってきて、地球社会の人間として光を放ちました。気づきを得て応えた人たちが自分自身の光を送り始め、地球上に増大する光が他の人々の心を揺すぶって開いていきました。そのようにして、この数十年間にわたってゆっくりと確実に気づきを得た魂の数が増えていきました。これ以降は、光が強大になり“愛の革命”となって地球を取り囲み、地球の黄金時代が満開になって輝くまで、その数は増大していくでしょう。
 
最近来たメールが、他のライトワーカーたちもこのように思っているかもしれないという思いを引き起こしました。

「私は本当に立派なライトワーカーになりたいです。でも人々や動物を虐待する人たちに愛や光をどうしても送れません。“彼らもそれを最も必要としている私たちの宇宙ファミリーのメンバーです”とどうか私に言わないでください。それはわかっています。彼らのやることとあるがままの彼らをどう区別したらいいのか分かりません。この世から離れた、あるいはスピリチュアルな意味の愛は、家族や友人たちに自然に感じる愛とは違うものでしょうか?」

ある意味では同じと言えますが、スピリットに属するとされる愛と、科学に属するとされる光は一つであり、同じエネルギーです。ですからほとんど事実上の違いはありません。でも、エネルギーは“光”と“愛”の部分に分けられないのですが、どちらの方法にも表現でき、またどちらの方法にも経験できます。ごく簡単に言えば、光は目に見える輝きとして経験され、愛はお互いに愛し合う人たちの感情として経験されます。でもこれには他の面も入って来ます。エネルギーは、存在するあらゆる魂がすることを絶え間なく引き入れている宇宙意識です。

エネルギーは中立です。それぞれのストリーマー(エネルギーの流れ)は思考と感情に付加された意図によって方向づけられます・・その意図が目に見える輝きであれば、視覚は太陽か電気照明器具によってもたらされる光を見ます。その意図が愛であれば、その感覚がもたらされ、愛に基づいた行動が自然にそれに伴います。エネルギーの流れにどのような意図が送り込まれたとしても、宇宙の引き寄せの法則は、それ以上のものを引き寄せます。そして、愛は内面でそれ自身の神性さを輝かしている光であり、創造主の純粋な愛と光の要素です。その輝く量は魂にある光の量に一致します。

闇の人間たちは心の闇に道を見失ったのです。彼らには生命力であるわずかな閃光以外心に光がありません。彼らの考えと感情に付加している意図はその深い空虚さから来ています。彼らが送る闇は彼ら自身に戻ってくるのです。光だけがその空隙を埋め、愛から生まれる行為を育てます。僕たちがそのような人たちに愛と光を送るように言うのは、地球上の全ての命の為からです・・闇の低い波動エネルギーを愛の高い波動エネルギーに変換することで、闇はなくなるのです。

僕と母との交信が始まってからまもなく、彼女は恐ろしい苦しみを作る人間たちへの彼女の思いと彼らへの彼女の感情を区別できないと僕に言いました。僕が彼女に言ったことが、同じような気持ちを持つ読者たちに役立てればいいと思います。 

「お母さん、疑いや不安の闇の中にいる人には、懐中電灯を照らして確信と安心できる道に導いてあげるでしょう?それらの魂たちは道に迷って、恐れで動けなくなっているのです。彼らの行為で彼らを見るのではなく、あなたが世界に望むことを思ってください。親切さ、思いやり、公正さと分かち合いを思ってください。世界の人々が調和と平和と愛に暮らすことを思ってください。そしてその思いを闇の中にいるそれらの魂たちに送ってください」

愛する家族たち、“世界を照らす”あなたたちのパワーを決して侮ってはいけません!   

「親切さを装っていますが、フランシス法王はイルミナティに仕え、ネオナチグループに肩入れしている悪人だと聞きました。私はカトリック信者ではありませんが、それが本当だとはなかなか思えません」

それは本当ではありません。真相はこうです。フランシス法王はイルミナティから容赦ない反対に遭遇しています。それは彼が、高位の枢機卿たちを追放や降格させ、生贄の儀式・・バチカンは悪魔崇拝の国際的本部です・・を止めさせ、バチカンが非人道的に蓄積した富を貧しい人々の暮らしの向上に使い、大衆をコントロールするために作られた何世紀に渡る教義を終わらせようと全力を尽くしているからです。彼は、愛、思いやり、共感、人間性、許しといった宗教のスピリチュアルな面を身をもって見せているのです。それは全てイルミナティの利権と目的とは全く相容れません。フランシス法王のナチとのつながりがあるとすれば、それは第二次世界大戦のナチスによって盗まれ、バチカンに隠されている重要な美術品を正統な持ち主に返したいという彼の望みです。

「マシューがメッセージの中で言うまで、私はパラレルワールドやポッシブル(可能な)ワールドのことは聞いたことはありませんでした。それらは何ですか、大事なことなのですか?」

僕たちはそれらの世界を地球に関することとして話していましたが、あなたたちが個人的な世界をどのように創造するかは、同じ原則であり、それらは確かに重要なことなのでとても関心があるでしょう。人生の重要な分岐点に到達した時はいつでもあなたたちはパラレルワールドを始めているのです・・どのような仕事をやって行くか、大学に行くかそれとも特性を活かす道を選ぶか、どのような会社に就くか、誰と結婚するか、いくらお金を貯めるか、どこに引っ越しするか、などかもしれません。

2つの良い就職先から採用通知をもらったとしましょう。その仕事がもたらすことを思い、どちらがあなたが望むような未来を導いてくれるのだろうと考えるときは、両方に大きなエネルギーを注いでいます。エネルギーは決して破壊されません。あなたが“取らなかった方の道”に向けたエネルギーは、あなたが決める以前に起きていたことに沿って当然のコースを辿り続けます。

そのコースは、“別の就職先を選ばないことで、確かに正しい選択をした”といったその後の思いと感情のエネルギーによってさらに方向と勢いを与えられます。あるいは、“他の仕事を引き受けていたら、海外で働いているだろうし、旅行して世界をもっと知ることができただろう”。あるいは、”他の仕事もこれと同じようにストレスの多かったのだろうか“と言ったことです。あなたの決心の前後に”他の仕事“に向けた全てのエネルギーが、あなたが生むエネルギーに応じたパラレルワールドを創造するのです。それは出会う全ての”分岐点“でも同じです。

パラレルワールドがあなたたちのアカシックレコードのライフプリント(人生の全てのファイル)になることはありませんが、そのような意識レベルでは知ることがない無数の世界にあるエネルギーが無駄になることは何もありません。それは別のシステムの中に記録され、あなたたちが選んだカルマ学習の潜在意識のヘルパーとして、この転生で有効に利用されるのです。パラレルワールドも等しく役に立ちますが、そのような学習をマスターすることを選ぶ“未来の”肉体を持つ転生でも役に立てることが可能です。そしてそのサポートがどこに行くかについての混乱は全くありません。宇宙の総合意識の波動振動波に登録されるそれぞれの魂の記録は、魂のアカシックレコードとそのパラレルワールドの記録システムに永遠に加えられます。そして後者から、どこで肉体転生を経験していようとエネルギーストリーマー(流れ)が間違いなくその魂に流れて行くのです。

パラレルワールドとポッシブルワールドには二つの主な違いがあります。まず、ポッシブルワールドは完全に意識的な気づきの中でのことで、プロバブル(起こりうる)ワールドやさらには“確実に起きること”にまで至ることがあります。例として、あなたが旅行に行くことを思い立ったとしましょう。そのことにさらに意識を向けると・・どこに、いつ行くか、そして使う予算はどうするか・・可能性の世界が起こりうる世界になり、それは出発という確実性にならない限りそのままの状態でいます。次に、パラレルワールドのエネルギーストリーマーはポッシブル(可能性)ワールドのものよりはるかに強力です。旅行のアイデアが一次的な考えにとどまっている限りは、それは弱いストリーマーを形成し、それが方向づけのためのアタッチメント(付加)を待っているエネルギーのプールと合体するまではただ漂っています。
 
「あなたが言った、人間に見えるETたちは“特殊部隊”で、自分たちの正体を明らかにした後もそのままの姿なのですか、それとも“本当の”姿に変換するのですか?」


他の宇宙文明社会から来たと彼ら自身が言っても、ほとんどの人たちは信じられないでしょう。ですから多分彼らは誰でもわかる姿で自己紹介してから、本来の元の姿に戻って、変化がわかるようにするでしょう。その後は、一緒に働く人たちが誰でも最も居心地の良いと感じる姿になると僕たちは思います。付け加えますが、意識レベルとスピリチュアルレベルでの進化には、花々や動物たちの違いと同じように、人々の身体的な違いを自然に受け入れることがあります。

あなたたちは、地球外生命体の訪問者たちの一部と同じ祖先であることを発見するかもしれません。地球を助けているたくさんの宇宙文明社会の一つのあるメンバーが、メッセージで家族のつながりについて話しています。お母さん、アグネスの話したその部分をここにコピーしてください。

   私の文明社会は地球の初期人口種付けによる植民の一部に責任がありました。私たちはいつでも、この大気の中に生きている人間たちだけでなく、あなたたちの繁殖と経験のための故郷に選ばれたその理想郷を愛おしく思っています。いつの日か、栄光と見返りの元にあなたたちと再結合することになっていましたが、あなたたちの側からそのような再結合をしようという試みはまだありません。これは恐れと記憶喪失からですが、それで私たちのつながりが変わることはありませんし、私たちの愛と兄弟愛が減少するわけでもありません。ですから、この厳しい変化の時代にどうして私たちがここにいるのか、それでよくお分かりでしょう。

   私たちの目的は、私たち自身の起源からここにやって来た魂たちと再結合することです。あらゆる魂は神の目からみれば貴重な存在ですから、私たちが勝手にある魂を差別したり、高めたりすることはありません。それはまるで地球の家族がいとこや叔母、叔父を呼んで、おじいちゃん、おばあちゃんの屋根の下に全員が再結合するようなものです。それは自然に選ばれるものですね。道を通りがかった人を誰でも招く必要があるとは思わないでしょう?それが私たちの使命であり目的です。はい、そうですね、いつでも神のです。(これらの抜粋は、『新しい時代への啓示』にある1994年に受け取った“アグネス”の章からです)

ありがとうございます、お母さん。愛する兄弟姉妹たち、あなたたちの宗教的行事や気分が高まる音楽と家族と友人たちとの行事のお祝いの季節に、僕たちは無条件の愛と喜びをもってあなたたちと供にいます。あなたたちの人生への恵みとこれから起こる素晴らしい出来事へのワクワクする気持ち、そして平和な心への感謝の気持ちで新年を迎えてください・・世界の平和は心の平和から始まります。
                              _______________________


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)

水曜日, 12月 13, 2017

コネクション・プラクティス・セミナーのご案内

急な話ですが、12月26〜27日に東京で「コネクション・プラクティス基礎コースパート1」を開催します。

この慌ただしい、溢れる情報が交錯し、混乱する世界にあって、私たちは何を指針に、何を根拠に、何を信じて生きていけるのでしょうか?

マシュー君が一貫して私たちに伝えているメッセージがあります。

それは、「答えは、あなた自身の心に聞きなさい」です。

別に新しいメッセージでもなく、昔から言われてきた言葉ですね。そうなんです・・誰でも”心では”知っているのです。

でも、一体どうやったら心に答えを聞けるのか、私たち普通の人間にその具体的な方法を教えてくれたマスターはいません。

どんなに脳科学が発達しても、脳に答えがあると思っている人はいないでしょう。

心の臓器と書いて「心臓」と言います。そうなんです・・まさに心臓(ハート)が心(ハート)のポータル(入り口)であることが科学的に実証されつつあるのです。

心臓にも「心臓脳」と呼ばれる神経系が発見され、脳神経学に代わる新しい「心臓神経学」が今注目されています。

カリフォルニアにあるハートマス研究所は、脳と心臓とをエネルギー的に同期させる(コヒーランス)ことで、人間のあらゆるレベルの能力と知性を高め、ストレスを抑えて感情をコントロール し、さらに最高の叡智にアクセスできることを科学的に示しました。

ハートに答えを聞く実際的なスキルがハートマスのコヒーランステクニックです。

コネクション・プラクティスは、NVC(非暴力コミュニケーション)の共感スキルとハートマスのコヒーランステクニックを組み合わせた、「つながり」をもたらすスキルです。

人生に「生きがい」や「意味」を求める人にぜひおすすめします。

詳細はこちら:https://www.reservestock.jp/events/232744


月曜日, 11月 27, 2017

マシュー君のメッセージ(132)


2017年11月20日

世界中の要求、サウジアラビアの逮捕劇、増大するエネルギーの症状、子供たちと携帯電話とインターネット、地球近辺のETたち、”リトルグレイ”
マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。長い間の望みと期待がおびただしい量の要求となって世界中に波打っています。市民が政府と司法制度に道徳的誠実さを。貧しい人たちが暮らしの全ての面での公平で均等な機会を。マイノリティーグループ(少数派の人々)が他のグループと同じ権利を。女性が個人、職業、文化における平等と尊重を。あらゆるところにいる人々が戦争ではなく平和を。

地球をめぐるソーシャルメディアとほとんどの国々の主要メディアを通して報道されている、それに伴う活動は全て大きな変化の前触れです。でも、光の中に活動している協力者たち、そしてその活動が闇の中に根ざし、その利権が著しく悪影響を受けている人間たちだけが、閉ざされたドアの背後で起きていることがさらに巨大な変化の前触れであり、それが惑星地球の長い闇の支配を終わらせることになるのを知っています。

何世代にわたって、地球文明社会人たちにはその支配の枷を外す機会が他にもありましたが、闇の人間たちの人々に対する恐れと嘘による拘束があまりにも恐ろしく、広く蔓延していたので、それを突き抜けることができませんでした。今回、ガイアの助けを求める声に応じて、はるか遠くの宇宙から送られ、またあなたたちのようなボランティアの人たちによって地球上で創造された光の強力な支援を、僕たちの地球ファミリーは受けています。あなたたちの内面の強さ、忍耐力、自信の光が、あらゆる人々への平和と公正さと繁栄の名の下に、人々が世界革命を突き進めるように励ましているのです。

“サウジアラビア官僚の多数逮捕は不安定な中東情勢をさらに悪化させるのでしょうか、それともあの地域にやっと安定と平和がもたらされる前触れなのでしょうか?”

あなたたちの一部の分析家たちがこの逮捕を懸念材料としているのを知っていますが、僕たちはこの国が、ISIS(イスラム国)や中東の他のテログループの資金を賄うことでイルミナティの利権を支えることをもはやしなくなる兆候だと見ています。そしてそれこそが暴力の温床になっているその地域を安定と平和の地に変えるための一歩です。僕たちはまたこの逮捕劇をイルミナティのトップにいるイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相にとっての敗北と見ています。彼は決して国民のためになることはしてきませんでしたが、その国民によって彼が政権の座から引き降ろされるとき、中東地域を撹乱状態にしておくといった意図を持つあの闇の組織はまた一つの大きな敗北を抱えることになるでしょう。

“ライトワーカー(光の使者)がこの時期どのような肉体的な経験をしているのか話してくれませんか?このことについては以前にも話してくれましたが、エネルギーが非常に高まっている今、私たちは何を期待できるのですか?私たちに情報があるともっと楽に症状に対処できるでしょう。私たちの身体が新しいエネルギーに馴染んで行って、再び元気になると期待できるでしょうか?これが全て起こる時がありますか?”

確かに、強まっているエネルギーが身体に影響を与えていて、主に疲労感や脱力感という形になっています・・あなたたちは、次のエネルギー上昇を前にして、この前のエネルギー上昇にやっと順応する時間を持てている状態です。散発的な頭痛、鬱、記憶障害、筋肉と関節痛、耳鳴り、異常な睡眠と目覚め時間、目のかすみ、筋けいれん、吐き気、かゆみなどもよくある症状です。

このような症状を和らげるには、十分な睡眠をとることです。でも睡眠の補助や元気づけ、あるいは落ち着かせるために薬は取らないようにしてください。年齢に合ったエクササイズをし、水をたくさん飲んでください。普段より食事の量を減らし、砂糖や少量の赤ワイン以外のアルコール、化学添加物の入った食べ物は避けます。もし経済的余裕があれば、オーガニック野菜、不純物のない海産物、“平飼い”の卵、鶏、肉を選んでください。体とマインド(精神)とスピリットはつながっています。ですから、精神的と感情的なストレスを減らすことも同等に大事です。ネガティブな考えをポジティブに変えましょう。できるだけ自然の中にいるようにし、優先事項を決めて1日を満足して過ごせるようにしてください。他の人たちのエネルギーから離れて、一人でいる時間を見つけます。そしてメディテーションも緊張を和らげるのに役立ちます。

愛する魂たち。あなたたち一人ひとりは唯一の存在ですから、新しいエネルギーレベルへの反応もそれぞれ異なります。でも適切な対応であなたたち自身の細胞はさらに多くの光を吸収し、それによって適応プロセスによる影響が減らせます。そして、注意してもらいたいことは、エネルギー上昇の影響は、病気の始まりや進行の兆候と同じであることです。もし症状が悪化したり、慢性化したら医療従事者に相談してください。できればホリスティック(全体医療)の診断と治療をしてくれる人がいいでしょう。

 “小さい頃にiPhoneを持ったりインターネットに夢中になることについてマシューの意見を聞いてくれませんか?”

これは親たちがするジャッジメント(批判的)な意見です。彼らに知っていてもらいたいのは、携帯電話と発信タワーからの電磁波は大人の脳に有害であるだけでなく、脳が発達途上にある若い人たちにはさらにそうであることです。パラドックス(逆説)は、子供たちが多目的携帯電話やラップトップコンピュータをあまりにも簡単にマスターするので、それらが身体の付属品になってしまうことです。でも賢明な親たちはそれを防ぐでしょう。

親たちは、子供が電話を持つ安全な年齢を医師と相談し、その使い方に制限を設け、コンピュータの時間を決め、不適切なインターネットのサイトへのアクセスをブロックできます。子供たちが家族や友人たちとなるべく交わって個人的なつながりをエンジョイすることが大事だと僕たちは思います・・話したり、笑ったり、ハグしたり、食事や外出を一緒にすることです・・そして、愛情ある関係を作ることです。それは、電子機器では決してできない、ましてやその代わりになることはできないことです。

このことを付け足しましょう。一般の人々が健康に安全な通信機器を要求するようになれば、製造者たちはそれを作るようになるでしょう。それまでは、宇宙船の搭乗員たちが彼らのテクノロジーを使ってあなたたちの有害な影響を減少させています。でも、恐れのエネルギーはあなたたちの電機的システムとは相容れない電磁波よりも多くのストレスを生むことを知ってください。 

最近ドイツ、フランス、アメリカ南西部を超スピードで横切った“ファイアーボール(火の玉)”と耳を咲くようなアラバマの“爆発”について尋ねてきた読者たちに、ニルヴァーナの地球モニター係は、天体のエネルギーが、あなたたちの上空を常に徹底的にチェックして地球の大気の有毒物質を可能な限り中和している宇宙船のテクノロジーと見事に安全に反応したと僕たちに報告しています。そのような出来事が地球に起こる瞬間は、僕たちには突然の閃光が見えます。モニター係は何がそれらを起こすのか知っています。

 “今影の政府によって開発されている、私たちの知らないところで私たちを変えることができる人工知能(AI)を生む強力なコンピュータについてはどうですか?”

まず言いますが、あなたたちの世界のあらゆることはあなたたちの経験による学びのためにそこにあるのです。車輪から最新のテクノロジーに至る全ての開発は、地球外の科学者たちによって、その情報を吸収し利用できる地球の人たちに送られています。その後の開発は良い目的にも悪い目的にも利用できます。人々の選択が魂の進化での前進か後退を決めるのです。

さて、ひそかに人工頭脳を使うことへのこの読者の懸念についてですが、それは恐れているようなレベルまではならないでしょう・・闇に基づくものは全て惑星地球の上昇し続ける波動エネルギーレベルに長く持ちこたえることはできません。あなたたちの様々なテクノロジーが良い目的で利用されれば、それらは暮らしの質を大きく高めるでしょう。AIの役割は、医療、科学的研究、交通、生産といった分野での正確さと能力を向上させることです。

すでにたくさんの仕事を置き換えているオートメーション化は、これからも続くでしょう。でもそれによって、例えば組み立てラインや採鉱作業、清掃サービスといったものよりもはるかに魂が喜ぶような雇用の教育とトレーニングプログラムの拡大がもたらされるでしょう。馴染んでいることばかりに固執する社会にとって、進歩は破壊的と考えられます。けれどもこれから起こる変化による計り知れない優れた面を人々が理解すれば、彼らは地球の近未来にあるこのワクワクする新しい世界を諸手を挙げて迎え入れるでしょう。

 “地球の近くにいるETたちは友好的で、彼らが着陸するときは彼らのテクノロジーで環境浄化を助けるだろうとマシューが言いました。他の情報源によると、ETたちは友好的で協力的なふりをしていますが、やがては私たちを破滅させるか闇の魂で私たちの肉体を乗っ取るだろうと言っています。”
その情報源を知らないので、僕たちに言えるのは、明らかに嘘の情報がもたらされることのあり得る理由だけです。それが地球外からのものであれば、多分恐怖を利用する闇の存在が、よく知られている尊敬される光の存在だと名乗って、その低い波動エネルギーを感知できない人たちにそれを送ったのです。その情報が地球からのものであれば、超能力者が、地球のパラレルワールドかあり得る世界(Possible World)に見たことをそのように解釈したか誤って解釈したのかもしれません。あるいは、闇の人間たちが恐れを引き起こすためにそのような偽の情報を創作し広めたのかもしれません。

真実は、光の存在しか地球の周りにある電磁場保護グリッドに入ることができません・・その強力な輝きのパワーのために、闇の地球外生命体(ET)たちはあなたたちの太陽系に近づくことができないのです。ですから、他の宇宙文明社会から来ている闇の存在たちは、この惑星地球に最初の居住が始まった時から、いつ頃か住んでいますが、今そこにいる者たちに残された時間はあまりありません。

 “マシューのレプタリアン司令官たちの描写は、拉致した人々に残酷な実験をする交換に高度のテクノロジーをアメリカ政府に与えたリトルグレイのように聞こえます。私の質問は、彼らは地球にいる闇のレプタリアンでしょうか?”

あなたたちがリトルグレイと呼ぶ存在は、ゼータ・レティクル星のヒューマノイド(人間)種です。彼らがアメリカ合衆国政府とそのような取り決めをしたというのは間違いです。彼らは宇宙船の設計図、ミサイルシステム、人間クローン化の知識を分け与えましたが、それは訪問者が迎え入れる側に送る贈り物といった意味のものでした。迎え入れる側にとっては彼らの地球に来る理由は問題ではなかったのです。彼らには、遺伝子サンプルを提供することになっていた魂たちとの生前の合意があったのです。

約80年前にグレイのグループが到着したはるか以前に、彼らの文明社会人たちは、故郷の星の表面から離れ、またその地中に暮らすことで侵入者たちから逃れました。クローン技術と知的能力の結集によって、人々は再びその表面を取り戻すことができるまで、何世紀に渡って死に絶えることから防ぎましたが、その結果青白い姿になってしまいました。そして彼らにとってはるかに深刻ななことは、性格から感情がなくなったことなのです。人間のDNAを持つ子孫をクローン化することで彼らに感情を取り戻したいと言う願いから、彼らと地球に転生した魂たちとの合意が導かれました。

けれども、グレイの感情喪失は2つの深刻な結果をもたらしました。ほとんどの人たちは、それを覚えている・・“面と向かって”会うことで記憶が呼び起こされました・・人たちからだけ、細胞サンプルをとると言う合意条項を守りました。でも、そのような記憶がない人が数人ありました。そして共感、感受性、思いやりといった能力がないために、そのグレイたちはその人たちに精神的ダメージを与えていることに気づかなかったのです。そして、彼らが近づいた人たちと信頼を築くための感情的な基盤がないために、誤った選択をし、裏切られたのです。

それと同時に、アメリカ政府はUFOETの報告を全て嘲笑い、彼らのお抱え科学者たちは拉致と残虐行為に彼ら自身の検証で信ぴょう性を与えて、地球外生命体(ET)についての恐れを人々に植えつけたのです。

もう一つの予期しなかった状況が、“拉致された人たち”が連れてこられた“巨大な地下の迷宮に隠れたグレイたちに起きました。それは悲惨なことになりました。彼らは地球にやって来た同じ方法ですぐ故郷と家族の元に戻れるものと思っていました。マインドパワーで非物質化し、到着後に再び物質化すると言うものです。しかし彼らの肉体が地球の第三密度エネルギーにあまりにも深く捕らわれてしまい、また彼らを皆殺しにすると言う政府の試みが失敗したため、生き残った者たちは今も地下に暮らしています。これらの高い知性を持つ人々は戦闘員ではありません。もし彼らが地球表面に出てくれば、それは多分他の宇宙文明社会人たちが到着する後でしょうが、だれかに危害を与えることなどないでしょう。

次第に、闇の人間たちが何千年に渡って地球の人々を囚われの身にするために使って来た嘘と恐れの深さを真実が明らかにしています。真実がさらに明るみにされるたびに、闇の人間たちがさらに弱くなり、最後はそこに本来あるべき歓びに満ちた暮らしを人々が持つでしょう。この宇宙全体にいる光の存在たちが、人々の前進を助け・・導いている・・あなたたちを讃えています。


                        _______________________

愛と平和を


スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages 
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記してくださると嬉しいです。)

火曜日, 11月 21, 2017

年末に熱海でローフードとコネプラの合宿をします。

以下は「きくちゆみのブログ」からの転載です。

**************************

年末に熱海でローフードとコネプラの合宿をします

年末年始にハワイから日本に戻ります。

昨年、311東日本大震災でハワイ移住をしてから6年ぶりに日本のお正月を家族で体験しました。「日本で新年を迎える」あの神聖なエネルギーをもう一度体験できると思うと、ワクワクします。

今回は私と玄さんは主に社団法人ラスールジャパンのラスール(コネクション・プラクティス認定講師)合宿と2018年1月5〜8日に開催されるコネクション・プラクティス(コネプラ)検定コースのアセッサーをするための来日で、そして私は「コネプラ➕ローフード&温泉合宿」で2017年の仕事納めです。

ティーンエイジの子どもたちは日本までは一緒に来るけど、そのあとは自分たちで自由に遊ぶようです。どんどん成長し独立していく彼らのことを嬉しく頼もしいと同時に、寂しく感じる今日この頃です。来年は娘も大学生になり、ハワイを出ることを決意しています。彼女は家を出て独立することが楽しみなようですが、私はまだ準備ができてないなあ〜。子どもの成長って、早すぎる〜

前回10月は、熱海で10日間に渡って開催されたCNVC(NVCセンター)の国際集中合宿(IIT)の通訳として帰国したのですが、その直前に同じく熱海で開催したローフードとコネプラの合宿が好評でした。

「ゆみさんのローフード食べたい」(かつて、日本各地でローフードをよく教えていた)という声もあり、少人数で開催します!

コネプラも一生役立つスキルですが、同時にロー&発酵食(特に40歳より上の方は酵素補給が大事!)と朝晩の温泉浴でカラダ(脳や心臓を含む)をデトックス&エネルギーアップ&お肌ツヤツヤ効果もあるので、一石三鳥です。(>一石三鳥を目指すことは、私のNVCのメンターであるキット・ミラーの教え)

ローフード料理人&アシスタントとして活躍したアッキーナ(竹内明菜さん)がその時のレポートを書いてくれました。

興味のある方はこちらをどうぞ。彼女のローフードもとても美味しかったです。
http://suzukiakina.wixsite.com/megurizumu/single-post/2017/10/13/Raw-Food-Conection-practice-温泉♡-熱海合宿レポート①〜お料理編〜
http://suzukiakina.wixsite.com/megurizumu/single-post/2017/10/29/Raw-Food-Conection-practice-温泉♡-熱海合宿レポート2〜コネプラ編〜 



ということで、お誘い(先着8名さま):お申し込み、お問い合わせはこちら
https://www.reservestock.jp/events/227546
https://www.facebook.com/yumi.kikuchi.39750/posts/2338559976169539?pnref=story


今回、2017年末、12月16〜20日の4泊5日で基礎コース1、2、3を学び、ローフードを食べて、心身ともに健やかさを高める合宿を開催します。2018年を心機一転で迎えたい方、心身の健やかさを大切にされている方、自分のミッションを生きたい方のご参加を歓迎します。

アッキーナとのローフードコラボレーションは2回目。お互いの好みや強みもわかり、より充実したローフードを提供できると思います。デザート付きです!

主役はコネプラの学びですが、ローフードを食べながら学ぶと、心身の健やかさも増し、学びがより深まっている様子が参加者のみなさまから伺えるので、この企画は帰国するたべいに継続できれば嬉しいです。

「年末は熱海で温泉とローフードとコネプラざんまいする!」
という人のご連絡を待っています〜

一年間頑張ったあなた自身へのプレゼント、大切な方への贈り物としても良いと思います。

木曜日, 10月 26, 2017

マシュー君のメッセージ(131)

2017年10月23日

 

恐れと思考と感情、カリフォルニアの山火事、トランプ米大統領と政府、銃乱射事件、地球温暖化、ネサラ法とET、意識


マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。

「恐れのサークル(円)からどうしたら抜け出られるのかについてのメッセージをどうかマシューに頼んでください」

まず僕たちのアドバイスですが、恐れを、サークル(円)のような終わりのないもの、あるいは他の表現で言う、自動的に繰り返されるようなサイクル(繰り返し)だと考えないでください。増大する波動エネルギーと計り知れない規模で進行中のエネルギーシフトは全てあなたたちのためになるように起きているのです・・愛する兄弟姉妹たち、どうかスピリチュアルと意識レベルの気づきの飛躍的前進を、思考と感情を恐れに支配させることで見送ることはしないでください。

思考はわずかな差で感情に先行します。“何か、もし”と言う考えが恐ろしい成り行きについてであれば、その想像する状況への恐れが当然ついてきます。考えを変えてください。お金が足らないとか仕事がなくなるという恐れを書いてきた読者たちには、引き寄せの法則があなたたちの思考と感情のエネルギーと同じものを引き寄せることを忘れないでください・・ないことや失うと思うことからの恐れではなく、それをいまあるものへの感謝にしてください。重い病気や怪我の人のことを思うのであれば、その人にとって最善のことを祈り、恐れの強力なエネルギーではなく、愛のエネルギーの比類ないパワーを送ってください。

戦争地域や貧困の中にいたり、ホームレスになっている何百万の人々に同じことをしてください。そして同時に、闇の人間たちにも。その人たちこそそれを最も必要としています。そして、あなたたちのミッション・・創造主の本質である純粋なる愛と光から創造された神性なる魂として、ただあるがままにあることであなたたちはその本質を世界に送っているのです・・を知らないと言う理由で、あなたたちがライトワーカーとして失格だという恐れを持たないでください。

いわば、より“現実的”なアドバイスとして、特に十分睡眠をとることがポジティブな考えと感情で1日を始める助けになります。一人でいることやメディテーションも役に立ちます。また特に自然に勤しむ時間を持つようにして、できるだけ気分転換をはかるのもいいです。つまらないことで気分を害したりせず、口論になりがちな人は避け、“ニュース”からは少し離れるようにしてください。受け入れてくれる人とあなたの知識をシェアし、家族や友人がそうでなくてもがっかりしないでください・・魂にはそれぞれの道と進化のスピードがあるのです。1日の終わりに、その日をどう使ったか反省して見てください。やろうとしていたことを全てしなくても、くよくよする必要はありません・・できたことに満足してください。心に平和があれば、恐れが入り込む隙間はありません。

あなたたちが質問した他の問題は主にアメリカ合衆国だけに関するものです。僕たちの以下のコメントは質問がなくても明快でしょう。では多くの国々の読者たちに恐れをもたらしていることから始めましょう。

核ミサイルが、意図的であれ、人間のミスや技術的誤作動、あるいはテロ組織の手に入ったためであれ、どのような国によって発射されても、あなたたちの上空にいる宇宙船搭乗員たちが察知して爆発を阻止することは間違いありません。

カリフォルニアのすごい山火事は破滅的になるように仕組まれていました。噴霧用飛行機からの消火剤の効果がなくなるような物質が加えられ、火事が急速に広がり、消防士たちの消化活動が困難になるように人工的に強風が起こされたのです。

ラスベガスの銃乱射事件はCIAのイルミナティ分派が計画した“闇作戦”事件で、その一部の野望に燃えた子分たちとマインドコントロールされたステファン・パドックによって実行されました。

ハービー・ウェインスタインはエンターテイメント業界・・そして政治、企業、メディア、スポーツの世界にも・・にいるセクハラや性的虐待、レイプにはまっている多くの人間たちの一人に過ぎません。彼らや他にもたくさんの人々が性的奴隷、児童売買とペドフィリア、高級売春組織、ポルノ、実際の殺人を撮った“スナッフフィルム“、悪魔儀式に関わり、そこから利益を得ています。

トランプ大統領をめぐる可能性のエネルギー場での混乱によって、短期または長期の成り行き、あるいは大統領の椅子の継続期間についての明確な予測ができないでいます。いま僕たちが言えるのは、表に見えないところでこの政府の一部のメンバーたちが軍や他の国内、海外の機関の人たちと一緒にその国と世界に権力支配を振るってきた闇の人間たちを明るみに出し、起訴する準備をしていることです。 
  
「何千もの反体制派たちが国連軍兵士によって逮捕され、FEMA(米連邦緊急事態管理局)の強制収容所に入れられる」ことはありません。

銃乱射事件は憲法修正第2条によって可能になっています。その解釈が暴力的文化とそれに慣れ切っている国民を生んでいます。「自由国家の安全保障によく統制された国民軍が必要とされるため、武器を保有し所持する人民の権利は損なわれてはならない」と225年前に書かれましたが、当時の武器はマスケット銃で、英国の支配から苦労して勝ち取ったこの若い国の自由を守るためには統制された国民軍が必要だったのです。しかし政府はその修正条項を今日の戦場用に作られた兵器を保有する権利だと解釈する人々の側に立っているのです。いえ、違います。銃乱射事件に巻き込まれた人たちが全て・・死ぬ人、人生が一転するような負傷をする人、影響を受ける全ての家族や友人、銃撃者自身・・魂の合意を完了しているわけではありません。そして、このような事件は、暴力の蔓延を減らそうという常識的な手段について国民の合意ができるまで続くでしょう。

どうかこのことをしっかりと心に留めておいてください。惑星地球上と社会に増大している波動エネルギーがイルミナティのネットワークの残骸を消滅させ、世界中の草の根運動を成功させ拡大させているのです。ここから見ていると、あなたたちライトワーカーが貢献している進歩は驚くほどですよ。  

 「一部の科学者たちは、地球温暖化は地球だけに限らず、他の惑星も温度が上昇している兆候があると言っています。これが私たちに危険を及ぼす前兆になるのか、どうかマシューに聞いてもらえますか?」

全くありません。あなたたちの太陽系はわずかに温度が上昇しています。また宇宙全体で生じている光のために太陽活動が活発になっています。瀕死の状態になっている惑星の“離陸”とアセンションを可能にするために十分な光をたくさんの強力な宇宙文明社会が送り込むといった壮大なことは、言ってみれば、他のあらゆるものを“動か”さずには起こりえません。異常気温は地球全体が温暖な気候に引き続いて向かうにつれて収まっていくでしょう。

そのような自然のプロセスがあるからと言って、気象操作、森林破壊と大気、土壌、水の汚染・・それらの地球温暖化の原因によって地球が目標とする気候に到達するのが遅れています・・を終わらせる社会の責任が免除されるわけではありません。彼女(地球)が到達するであろう目標も、“小氷河期”が迫っているといった説の不安への説明になるでしょう・・そのようなことはこの先一切起こりません。

フラッキング(天然ガス採掘)についての僕たちのコメントは、全ての化石燃料の採掘も含まれます。このガイアの惑星体破壊が、莫大な光の注入でそれが解放された80数年前まで、それを第3密度に深く閉じ込めてきた原因です。石炭は地球の細胞であり、石油と天然ガスはその循環器系です。それらの資源を取り出して使い、地球の呼吸器系であるあなたたちの大気を汚染することは、健全な姿に戻ろうとする彼女の努力を妨害しているのです。広まっている波動エネルギーに応えて、エネルギー供給企業たちが再生可能なエネルギー源に投資しています。社会の具現化能力が高まれば、金属や水晶の採掘も不必要になるでしょう。

「(9月の)メッセージで、9・11によってディスクロージャー(情報公開)とネサラ法の発表が阻止されたと言っています。宇宙人の着陸などというほとんどの人々には信じ難いことが、どうして全く関連性のない新経済システムと一緒に発表されるのですか?」


最初に言いますが、ネサラ法の経済部門、これは法案で完全に詳しく説明できませんでした、そして政府内の変更の二つだけが議会資料の中に入れることができた条項です。

ネサラ法がそのように導入されたのには2つの理由があります。アメリカ合衆国が当時世界最強の国家であったことです。それらの条項はその法制度内にあります。それは、この法律についての考えが人々の集合意識に入り、そうすることで地球の可能性のエネルギー場に“可能性”を確立させるための手段だったのです。イルミナティのトップに位置する当時のクリントン大統領がその法律にかん口令を敷きました。なぜなら、外国での紛争を仕掛け、拡大させ、そして世界経済を支配するための重要拠点の一つであるその政府のイルミナティの支配をそれが排除するからでした。やがてネサラ法は光の発信者からチャネリングによって受信者に送られたメッセージによって知られるようになりました。彼らはその情報を広め、そのエネルギーの流れに勢いを加えたのです。

さて、宇宙人とネサラ法が全く関係しないことは決してありません。この法律は地球の黄金時代のための法的基盤です。それはガイアの惑星体とその全ての住民たちのビジョンに即して、最高宇宙評議会によって立案されました。この法案を提出した国会議員は宇宙人でした。もっとも、そのようには見えなかったのは確かです。聖ジャーマインは経済改革条項の先頭に立ったグループの中でもっとも知られています。地球支援にやってきたボランティアの中には、社会全体に役立つ経済システムを実行することに経験豊かな魂たちがいます。

その全てとそれ以上のことが、国際的に尊敬されている人たちと宇宙からの訪問客たちによって世界中にテレビ中継で説明されることになっていたのですが、それは“9・11”で妨害されたのです。イルミナティはその真実を上手に一般に知られないようにしてきましたが、ライトワーカーたちと地球を囲んでいる宇宙船やあなたたちの中にいる他の文明社会からのファミリーは、ネサラ法の全容に匹敵する素晴らしい進歩を達成しています。お母さん、その変革の全貌とそのプロセスがどのように展開しているかについての情報があるメッセージの日付を書いてください。(2004年7月16日のメッセージにネサラ法の目的があります。またマシューとハトンが2006年8月13日のメッセージでその進展について話しています。情報が一般に行き渡らない難しさについては2004年3月1日と2016年4月16日のメッセージにあります。ネサラ法について良くある誤解についての記述は2013年3月11日のメッセージがもっともカバーしています。)ありがとうございます。
   
「他にも、共時性の重要性や私たちは一つであることを知ること、自分の考えをよく観察することの大事さ、私たちが同時にたくさんの密度を経験していることを言っているものがあります。これはコンティニュウム(時空連続体)の別の説明でしょうか?それだと“タイムトラベル”の解釈を見直す必要があります。多分“トラベル”するのではなく、気づきがコンティニュウムの“入り口”に入るのかもしれませんね?」

タイムトラベルとコンティニュウムと気づきの点をつないだこの読者に拍手を送ります・・本当に洞察に満ちた見方ですが、これにはそれ以上のことがあります。
 
前のメッセージで、あなたたちが過去、現在、未来だと思っていることは全てコンティニュウムの中の異なるエネルギー次元で同時に起きていると僕たちは言いました。これを別の言い方だと、この宇宙全体に存在する全てのものは、“いま“というこの同じ瞬間の意識によって具現化された/されている/永遠にされるであろう、です。さらに高次の真理は、あらゆる、そして唯一のものは意識である、です。

今の時点ではこれはあなたたちには理解しがたいことでしょう。でも魂レベルで知っていることを次々と発見するうちに、少しずつ明らかになっていくでしょう。あなたたちが発見すればするほど、自己パワーが増し、どのような“時点”や地点を選んでも、“考えるだけでそこに行ける”能力が高まるでしょう。大事な人に会いたい、どこかの世界の“過去”や“未来”の時代を見たい、マスターのクラスに参加したいと思うかもしれません。エーテル体になって宇宙旅行で天空を探求できます。宇宙船に搭乗し、行きたいところをビジョンし、非物質化し、そこで再び物質化できます。あるいは、自分の家で居心地よい椅子に座りながら、思い通りのものを遠隔で見れます。そう言ったことを意識を持って楽しめると言っているのです。あなたたちの多くはこれを深いメディテーションや眠っている間に潜在意識的にやっているのです。もしそれが後者なら、あなたたちが夢というのは、実際の再会か、見たり経験した出来事の、多分象徴的な記憶である場合が多いです。

親愛なる魂たち、あなたたちの想像を超える冒険が待っています。それは、あなたたちがこの宇宙でこれまでどこに住み、どこを訪れ、どんなに簡単にあちこち旅行したのか覚えていないからです。あなたたちがどんなにパワーある多次元的存在なのか覚えていないからです。でもそうなるでしょう・・再び・・そしてこの転生を見直す準備ができるとき、あなたたちが光の中にしっかりと留まったことが、地球文明社会の目覚めと、その黄金時代の豊かさの実現に貢献したことに満足することでしょう。
                        _______________________

愛と平和を




スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)