月曜日, 4月 23, 2018

マシュー君のメッセージ(137)

2018年4月15日

 
 
楽観主義の重要性、プーチンとイルミナティ、個人的なアセンション、魂の合意と生前の契約、”愛の革命”、オリンピック

マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。進歩が見える地域をいくつかリストしてくれた読者にお礼します。彼女はそれから、「私たちが皆コースにとどまり、楽観的な気持ちでいて、可能だと知っている世界のために働けるようにしてくれていることに感謝します」と書いてきました。楽観的な気持ちは光に満ち溢れていますから、社会の進化に重要な役割を果たしています。世界を混乱に溢れ、恐ろしいと見る人たちは、これから起こることに楽観的になることは難しいでしょう。その人たちが大変動として見ていることは、低い波動エネルギーが高い波動エネルギーと衝突しているのであり、後者の高い波動エネルギーが優位になってやがては全てがそうなることを知りません。彼らは、いわばこの“静けさの前の嵐”には目的があり、それは世界中に強力な変化を招き入れていることを知りません。あなたたちはこのことを知っています。目前に迫っている本質的な変化について人々と話し合うことは、あなたたちの楽観的な気持ちの光をその人たちの人生に輝かせる素晴らしい方法です。

インターネット記事や出版物に心温まる話があります。証拠は身近に起きてきてもいます。たくさんのコミュニティグループが、近くにいる困っている人々の暮らしを改善し、その地域の明確なビジョンを持ったリーダーたちを支援しています。愛するファミリー、世界変革は政府がやってくれるのではありません・・それはあなたたち、あなたたちの友人たち、隣人たちから始まり、上へと昇って行くのです。

「前向きなことが始まるという幾つかの良い兆候があるのですが、一方でプーチンとロシアがメディアのニュースを席巻しています。プーチンは何が狙いなのでしょうか?彼はカバルの一員ではないとマシューは言っていますが、彼は容赦も分別もなく人を殺せるように見えます。とても善人とは言えません。一体何が起きているのかマシューに聞いてもらえませんか?」

プーチン大統領は、確かにいくつか良くないことをしていますが、彼が協力しないことへの報復としてイルミナティが広めている多くの非難に罪はありません。
 
ほとんどのケースはイルミナティの手下たちがやっていることで、それをプーチンや彼の国のせいにしています・・最近では、外国の選挙への不正介入と英国のある父と娘の毒殺でした。プーチンが関わりを否定しているのはもっともですが、世界はイルミナティが下した宣告である“告発通り有罪”と見ています。そして、ロシアのトローリング(インターネット荒らし)が人々の意見に影響を及ぼし、分断化を増大させているとロシアを糾弾することで、イルミナティがお抱えの政治家たちや腐敗した主要メディアそしてソーシャルメディアを使ってやっていることを正当化しているのです。

プーチンは冷戦を望んでいません。ましてやイルミナティが望んでいる西側がロシアとイランそして多分北朝鮮との“ホット”な戦争を起こしたいとも思っていません。しかし彼らは多国間協議による平和的解決を防ぐためには手段を選ばないでしょう。戦場には彼らの企業が製造する戦争兵器が必要であるだけでなく、彼らには彼ら自身の生存に必要な暴力と恐れの低い波動エネルギーが必要なのです。ですからイルミナティに協力しないロシア大統領を懲らしめていることが、彼が今彼らに対してやっていることになっているのです。つまり、プーチンは一般には知られないところで、イルミナティの国際的な恐ろしい活動ネットワークを終わらせ、彼らを法のもとに告発し、世界平和を達成するために協力して働いている主な指導者の一人です。

個人のアセンションを理解するのは大事です。これまでのメッセージの情報がさらに多くの質問を生んでいます。

「もし私たちがガイアと一緒にアセンションしても、家族がそうしないことを選んだら、肉体的にはどうなるのですか?家族のいる世界から私たちはただ消えるのですか?」

地球と一緒にアセンションすることは、突然いなくなって、どこに行ってしまったのだろうと家族をいぶかしく思わせるようなドラマチックなものでは全くありません。アセンションは急に地球を離れて、素晴らしい肉体を持つ世界に到着するものではありません。それは地球転生の間に第三密度から第四密度へ進化することです。それは段階的な光の吸収プロセスで、それには二つの効果が並行して起こります・・スピリチュアルと意識レベルの成長、そして炭素基盤細胞からクリスタル(珪素)基盤細胞への変換です。それによって、地球が目指している波動エネルギーの中でも肉体が生存できるのです。光を吸収する人たちは、魂の合意で選んだ寿命の間地球に留まり、その後に第四密度次元のニルヴァーナに移行します。

アセンションするかしないかは、意識レベルでの選択ではありません。それは、それぞれお互いの地球転生での主な役割を担うことになる魂たちによって作られる生前の契約の一部である魂の合意を、自由意志の決定がどれだけ忠実に守るかによります。無条件の愛の中で作られるこの契約は、それに加わる参加者すべてに成長の機会をもたらします。 

「もしアセンションのプロセスにいる人が第四密度次元に到達する前に死んだら、それはニルヴァーナやそれ以降の転生での人生にどう影響しますか?」

今と同じでしょう。人生を通しての思考、感情、行為のエネルギーによって、人々がエネルギー的に引きつけられるニルヴァーナの部所が決まります。各部所はそれぞれの魂が必要とする特定の学びを提供します。ほとんどのカルマ経験をマスターしている人はニルヴァーナで残りを完了でき、そこで肉体転生へのパーソネージの準備もします。それは、黄金時代が満開になった地球に戻ることや、ほかのエネルギーに満ちた第四密度世界での刺激的な人生かもしれません。

「愛する人々がアセンションするのか、また私たち自身もするのか、どうしたらわかるのですか?」 

愛する人々が、あるいは他の誰でも、アセンションするかどうかを知ることはできませんし、行動が信頼できるその手がかりになるとは言えません。他人に酷い扱いをする人は、両者が生前の合意で選んだことを忠実に守っているのかもしれませんし、慈善活動を広く評価されている人が不正に得た財産を使って名声と称賛を得るためにそうしているのかもしれません。僕たちと光の世界からの他のメッセンジャーたちが「誰でもジャッジしないように」とよく忠告するのはそれが理由です。また寿命はアセンションとは全く関係ありません。ほんの僅かな転生の間でもスピリチュアルと意識レベルで飛躍する魂もいます。100歳になってもそのような意味でほとんど成長しない魂もいます。
 
自分自身のアセンションの進展を知ることについては、あなたたちの決定がどのようにあなたたちの人生と他の人たちの人生に影響しているかについて心からの平穏さや気楽さの感覚が、進展の具合を示しています。そして、アセンションには過ちが許されない人生が必要だと思わないでください。そのような努力は称賛されることですが、完全さは創造主の純粋な光と愛の本質の中にのみ存在します。

「マシュー、気づきを得た魂たちはもう一つの惑星地球や別の次元へ移行し、恵まれない魂たちは試練に耐えるといった話をよく聞きます。あなたの洞察と時間枠を教えてくれませんか?」

気づきを得た魂たちが行くもう一つの地球などありませんが、その人たちは地球と一緒により高い波動エネルギーへと旅をする中で別の次元に入ります。そして、魂の合意で選んだ転生が終わると、気づきのレベルに見合ったニルヴァーナの部所に入ります。

“恵まれない人たち”・・誰にでも与えられている光を絶えず拒否する人たちと呼びましょう・・は、ニルヴァーナでライフプリント(転生記録)の見直しを経験し、魂の合意からどれほど乖離したかを理解するとき、“試練に耐える”でしょう。進化に必要なバランスある経験を達成することは、全ての魂の全ての肉体転生での選択であり目標です。これには別の要因があります。ニルヴァーナは地球と一緒にアセンションしています。地球がクリスタル基盤細胞なしには肉体が生存できない波動エネルギーレベルに到達すると、その魂たちはどこかの第三密度文明社会の霊界に移行し、そこでその文明社会に肉体転生するためのパーソネージを準備するでしょう。

個人的なアセンションはそれぞれの魂のペースによります。それはあまりにも大きく異なるので、時間枠を実際に推測することさえ無謀と言えるでしょう。その上、この地球の未曾有の時代にアセンションに乗り出したり、そのプロセスを前進する無限の機会が魂にはあることに加え、別の利点もあるのです・・それは合意にある寿命事項延長の請願を魂レベルですることです。それは生前の合意契約に含まれる全ての人たちの転生に影響するので、彼らが全員一致でその請願に賛同あるいは不同意しなければなりません。寿命の延長がその人のアセンションの進展に貢献するというもっともな予測があれば、その請願は認められるでしょう。 

時間枠について僕たちが言えるのは、10年の社会の進歩の遅れが終わったので、魂たちは目覚めつつあり、世界の“愛の革命”に参加しています。無比の愛のパワーは、平和な世界と自然と調和した暮らしを創造するための鍵です。計り知れない形で現れている愛が光を新規参入者に照らすと同時に、長い間のライトワーカーたちへの効果的な合図になるでしょう。(注:2012年5月1日のメッセージが光/愛について包括的に説明しています。また2015年5月23日のメッセージにはその一部があります。)


「地球と人のアセンションなど聞いたことがない人たちはどうなるのでしょう?」

地球にいる75億の人々のうち、アセンションについて聞いたことがあるのはわずか一握りしかいません。地球が今アセンションしていて、より軽いエネルギー領域に着実に入っていく行程にあることを多くの人々が知る必要はありません。光の中に生きているたくさんの人々は知らずにアセンションの行程にいます。僕たちは意識レベルの知識のことを言っています・・人類は魂レベルで地球のアセンションについて知っていますし、そのレベルで個人的に進化しているかどうかを知っています。やがて、そこにいる全ての人々が地球と個人的なアセンションについて意識レベルで知るようになるでしょう。 

前回のメッセージで、アメリカ合衆国のNRA(全米ライフル協会)がイルミナティによって作られたと僕たちは言いました。正確な説明をしたいと思います。それは、建設的な目的で作られたたくさんの地域や国内、国際的グループの一つですが、それらにイルミナティが入り込み、邪悪な目的のために変えたのです。彼らは同じことを、特にワクチン、農法、情報源、テクノロジーといった有益な目的のための開発にもしています。イルミナティが支配している全ての地域で、彼らの影響力が急速に崩壊しています・・闇の目的の持つ低い波動エネルギーは、地球が近づいている強力な光の中では存在できません。

「私たちのディスカッショングループでは、韓国のオリンピックについて意見が分かれています。マシューは、彼のいる領域からどう見ているのか教えてもらえますか?」

喜んで答えましょう。参加各国からの人々の到着から出発に至るまで、平昌から発せられるエネルギーはダイアモンドの海のように輝いていました。参加することの計り知れない選手たちの興奮、メダル受賞者の喜び、競技参加者たちへの尊敬の気持ち、開会式と閉会式の演技者たちのワクワクする心、エネルギーレベルで競技につながった会場の観衆とテレビ視聴者たちの称賛と畏敬の念の高い波動エネルギーが輝きになっていました。

これまでの大会のように、今年のオリンピック大会にも、もっと国民のためになる使い方があったであろう贅沢な資金が費やされたことを僕たちは見過ごしてはいません。けれども、大会主催者に選ばれたこと、そして自分たちの優れた選手たちと素晴らしい式の演出への誇りは考慮する価値があります。それに今年の大会は貴重な余波をもたらしました。オリンピック以前のエネルギーは宇宙の中立なプールに流れて行きました。平壌に生まれたエネルギーが、地球の歴史でも最強の光と合体したのです。

愛するファミリー。この宇宙全体の光の存在たちが、地球の人々を助けているあなたたちの変わらない努力を称賛しています。そして永遠の愛のパワーであなたたちを支援しています。
                                _________________________

愛と平和を






スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄



(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)

火曜日, 4月 03, 2018

きくちゆみによるコネクション・プラクティス温泉合宿

こんにちは。

きくちゆみによるコネクション・プラクティス合宿のご案内です。

温泉大好きのゆみが、今回温泉地で名高い熱海と湯河原でコネプラ基礎コース合宿をします。どちらも少人数限定で、コネプラを学びたい、コネプラを生きるとはどういうことかを体験したい方に、彼女の魅力とパワーを存分シェアしてもらいたいです。

先日、日本からカリフォルニア・サンホセに3歳から70代までの総勢14名で研修ツアーをしたときも、様々な出来事に遭遇するたびに、彼女の”コネプラを生きる”ことへの本物さを目の当たりにして、パートナーである私としても、彼女のコネプラにかける信頼とパッションに見惚れていた次第です。 もちろん、それは彼女だけではできません。参加者全員がそれぞれにコネプラを実践していたから可能になったのです。

コネプラを生きる、コネプラをなるべく多くの人々に伝えていく、そのためにコネプラコミュニティを作る、というのが私のパッションでもあります。
 
熱海の温泉合宿はあと3名のみになっていますので、お早めに。
(このほかに金沢、名古屋、札幌、東京、福岡でも開催を予定しています)


5/27-31<熱海>コネクション・プラクティス基礎コース1・2・3@熱海温泉合宿
 




7/19-23<湯河原>コネクション・プラクティス基礎コース1・2・3@湯河原温泉合宿
つながりのスキルを温泉で学ぶ(1:自分とつながる 2:人とつながる 3:人と人をつなぐ)






土曜日, 3月 24, 2018

第8回ふくしまキッズハワイプロジェクト サマースクール2018 参加者募集開始

きくちゆみのブログより転載
http://kikuchiyumi.blogspot.com/
***************************************************************************************************

2018年夏もやります!

第8回ふくしまキッズハワイプロジェクト
サマースクール2018 参加者募集開始

2018年夏、主にハワイ島(オアフ島3泊)で共同生活をしながら、ハワイの大自然と文化に触れ、パーマカルチャー(永続可能な農的暮らしのデザイン)やコネクション・プラクティスを学び、英会話にチャレンジし、自然食と自然療法を毎日実践する4週間です。

対象2011年3月11日に福島県に在住しており、2018年度の新学期(4月)に、中学校1年生から高校3年生までの子ども。兄弟姉妹で参加する場合は、一人がこの年齢に該当していれば可能です。
*現在も福島在住の子どもが優先されます。県外避難者も応募可能です。
*親子で本を読み、感想を書いてもらいます。本が読めることは参加条件の一つです。

旅費と1ヶ月滞在と教育活動費用の一部(10〜18万円程度)は保護者負担で、年収によるスライディングスケールです。(お支払いが困難な方はご相談ください。最善を尽くします)

開催期間:2018年7月23日〜8月21日の間の29泊30日間(予定)
*最混雑時のため、フライトの空席状況により決定することをご了承下さい。
使用航空会社:Hawaiiann航空の予定

集合解散地:羽田空港の出発ロビー

開催地:ハワイ島(コナ、ヒロ)、オアフ島
定員:6名

参加希望者は、メールでタイトルを「2018ふくしまキッズハワイ参加希望」とし、参加者(お子様)の氏名(日本語とローマ字表記)、生年月日と年齢、住所と電話番号を書いて送ってください。

送付先メールアドレス:rawinfoあっとharmonicslife.net
*メールアドレスが変わりました!「あっと」を@に変えて送ってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、2018年度の募金を行なっています。
現在、4千ドルが集まっています(この週末のイベントで、ここまで集まりました。ありがとうございます)。
余裕のある範囲で貢献してくださると、助かります。

クレジットカードでの寄付(ドル建てです):
https://www.gofundme.com/fukushimakidshi


日本円でのご寄付は以下で受け付けています。

<日本の寄付先>(201312月より専用口座開設):
郵便振替 00150-4-728960 ふくしまキッズハワイ

ゆうちょ銀行 総合口座 記号10590 番号43629591 ふくしまキッズハワイ

(他金融機関からの振込の場合)
ゆうちょ銀行 店名〇五八(読み ゼロゴハチ)店番058
普通預金 口座番号 4362959 ふくしまキッズハワイ

*ゆうちょへのご寄付をされた方は、メールでご一報ください。
rawinfoあっとharmonicslife.net
(あっとを@に変えてください)

木曜日, 3月 22, 2018

マシュー君のメッセージ(136)

2018年3月17日


飲料水、環境、北朝鮮、アメリカの銃乱射事件、修正第2条、”出来事”、ロシアの”ネタ流し”、若い人たちとソーシャルメディア、波動エネルギー
 
マシューです。この宇宙ステーション(領域)にいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。まず、あなたたちの世界が飲料水不足に陥るだろうという不安を和らげることから始めましょう。イルミナティの気象操作テクノロジーによって干ばつ地域を作る・・世界人口をほとんど滅亡させようという今や実現不可能になった計画の一部です・・というのは、何百万の人々を喉の渇きから死に至らしめるというものでした。それは起きないでしょう。母なる自然の世界的な温暖気候への回帰を遅らしている強大な嵐や記録的気温の原因にもなっている気象操作は、イルミナティの他の全ての恐ろしい行為と供に終わりを迎えるでしょう。

愛する魂たちへ。地球の暮らしのあらゆる側面で草の根運動が活発になっていること、そしてイルミナティによって隠され、悪い目的に使われて来たテクノロジーが、善意の人々の手に渡って妨害を恐れずにオープンに使えるようになりますから安心してください。そして私たちの宇宙ファミリーがあなたたちに加わることが安全になれば、彼らのテクノロジーを紹介するでしょう。その波動エネルギーは広大な砂漠を肥沃な土地に変え、熱帯雨林を回復し、大気、水、土壌中の有毒汚染物質を除外し、化石燃料の採掘による広大な破壊を癒すでしょう。かつてエデンの園であったガイアの惑星体は再び健康な原始の楽園になるでしょう。

 「北朝鮮と韓国の合同オリンピックチームは明らかに金正恩が南北統一について文在寅大統領と話し合う用意があると公式に発表したことになります。中国とアメリカを交えた4カ国協議から何が見えますか?」
金正恩が韓国と統一について対話を望んでいることが、これまで高まっていた緊張を緩和しています。でも、この勇気付けられる事態の発展についてのいくつかの詳しい点がまだ見えていません。韓国と中国とアメリカの大統領は北朝鮮に対して何を要求するかについて合意するでしょうか?その見返りに各国は何を提供するのでしょう?それらの問題に合意が得られても、誰がその申し入れを金正恩に伝えるのでしょう?彼はその申し入れ条件を受け入れるでしょうか、拒否するでしょうか?もし後者なら、一連の交渉によって満足いく譲歩が得られるでしょうか?近い将来にどのような展開になったとしても、優勢になっている波動エネルギーは二つの朝鮮の統一に向かっていて、結局は核兵器保有国全てがその廃絶に合意する方向に導いています。

フロリダ、パークランドの学校での銃乱射事件については、あなたたちの質問やコメントをここに含めなくても、僕たちの言うことははっきりしています。これは、命を落とした全ての人たち、彼らを愛する家族たちが魂で合意した選択ではありません。数年前の銃乱射事件では、直接に影響を受けた人たち全てが、同じような事件がこの国ではもう起きないようにと言う変化をもたらす目的でそのような経験をすることに合意していました。それ以来、集合的な魂たちの合意による銃乱射事件は起きていません。

もちろん、あなたたちの子供が学校で安全にいて欲しいと思っているでしょう。でも教師や学校関係者たちに武器を持たせて訓練することでそれは達成されないでしょう。銃撃者たちが使うような武器の販売が公認されていることを無視して、銃乱射事件の原因を精神的な病気だと指摘するのでは、このような事件は決して終わらないでしょう。

ちょっと話を外れて、このことに関係する背景 になる情報について話しましょう。イルミナティ、そして彼らの前にいた他の闇の操り人形たちは、最初から兵器や弾薬などのあらゆる戦争武器の製造の中心にいました。何世紀に渡ってその市場を確保するために、彼らは人々に平和への道は戦争によって達成され、自由のために戦えと言う命令に従うことが愛国的だと信じるように人々を教え込みました。そして、内戦や外国との戦争や世界戦争を確実に引きおこす手段を講じてから、両方に武器を売りました。戦争は彼らの兵器製造会社を潤し、何百万という世界人口削減計画を成功させ、そして闇の人間たちの生存に必要な恐れと暴力の低い波動エネルギーを作ったのです。
   
植民地諸国が連帯してイギリス帝国と戦い、王室の経験則支配から独立を得た後に現れた指導者たちが憲法を書き、以降修正案が長い年月に渡って加えられました。イルミナティはそのチャンスを逃しませんでした・・その“よく統制された国民軍”というのは、生まれたばかりの合衆国が新しく獲得した独立を守るための防衛軍を必要であれば持つことだったのです。市民が「私たち国民が戦争用に作られた武器でどのようによく統制されているのですか?」と尋ね始めることのないように、イルミナティはNRA(全米ライフル協会)を創設し、その組織を通して子分たちを広く振りまき、そして今日の戦場用に作られた武器を人々が合法的に購入できる権利として憲法修正第二条を引用するように、ロビイストを使って政治家たちに高額の寄付をしました。

さて、銃規制法の改正を訴えているマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒たちはリベラルな団体の後押しを得てそうしているのではなく、「法を遵守している市民から銃を取り上げることができるように」という政府機関からの圧力のために、そうしているのでもありません。また銃撃事件は“やらせ作戦”でもありませんでした。今回の悲劇や似たような事件を、同じ目的・・武器の押収・・のために俳優たちを雇って事件をステージしたことだと解釈するのは、イルミナティの大衆マインドプログラミング手引書の別のページにあります。この点で彼らの影響力がまだ強いことは嘆かわしいですが、説明できることです・・言ってみれば、善悪を見分ける波動エネルギーが、闇によってもたらされた国民の精神の傷を明るみに出し、癒しています。

僕たちは、全米の安全運動を進めるパークランドの生徒たちとそれに加わっている人々を心から支持します。政府もそれをもはや無視できなくなっています。人々の要求に押されて法律になる前に、NRAに借りのある政治家たちから強硬に反対されるであろう良識ある対策が、この国に広まっている“銃文化”が歴史に消え去る前に取られるでしょう。でも、この惑星があらゆる暴力がないエネルギー領域に向かって進んでいるので、そうなることは間違いありません。

あなたたちの多くが“出来事”とは何のことで、それが何時起きるのかと尋ねてきています。またある読者は“明らかにそれも宇宙ー銀河ダンスとして知られています”と付け足しています。これは惑星と個人的なアセンションに関連することで、愛のパワーにもとずくことは理解できますが、この情報ソースが言っているのはどの出来事のことを指すのか僕たちにはわかりません。それで、あなたたちの世界のどのような出来事を僕たちが観察しているのかを話しましょう。それは計り知れないほど数があり、存在する全てのものがそうであるように、それぞれの振動数で振動しているエネルギーであり、人々の反応です。

地球上の光が増大し続けるごとに、ハーモニックコンバージェンスのようなイベントによってたくさんの人々の心が“魂の探求”へと動かされ、スピリチュアルと意識レベルの気づきの進化の道を歩み始めています。どのような出来事に遭遇しても道を逸れることなく歩み続ける人たちもいれば、やる気いっぱいで始めたけれど何かの出来事でコースを外れ、その後いくつかの出来事があって元の道に戻って旅を続けますが、また何か新しい出来事で寄り道し、その後また何かの出来事で元の道に戻る、と言った人たちもいます。ニルヴァーナに入るまで、単に神性な魂に従った生き方をしているだけで一生成長の道を旅していたことを意識レベルでは気づかないでいた人たちを僕たちは見てきています。闇の誘惑に負ける人たち、そしてギリギリの暮らしに喘いで光の道があることを想像さえもできない大勢の人々を僕たちは見てきています。

魂は皆それぞれ二つとない唯一のものであるように、人生に影響を与える数知れない出来事へのそれぞれの魂の反応も異なります。その意味で、地球でも未曾有のこの時代の人生は、誰もが参加する宇宙—銀河ダンスであり、著しくスピードを上げている、全ての社会が一つになり、素晴らしい黄金時代が開花するまで続くダンスだと考えられます。今、これまでずっとそうであるように、魂たちがその時代に向かって、それぞれのペースで光の道を進んでいるのが僕たちに見えます。僕たちに見えないのは、最前列に止まって、社会全体が何か出来事を経験できるように残りの人々が追いつくのを待っている“ダンサーたち”です。あらゆる闇が消え、光が世界に満ちる時代へと同じように導いている他の存在たちの見方よりも、僕たちの見方が優れているという訳ではないことをどうか理解してください。

「ロシアがアメリカの大統領選挙に影響を与えようとした“疑う余地のない証拠“についてマシューに尋ねてください。彼の前のメッセージは違うことを言っています」

ロシアがソーシャルメディアに“ネタ流し”をしたことが有権者に影響を与えた可能性があったというのは本当です・・別にそれを弁護しようというわけでは全くありませんが・・でもそれと選挙結果とは全く関係ありません。前のメッセージで言ったように、それは民主党中間選挙をうまく不正操作した後、イルミナティの子分たちが犯した技術的なミスのせいです。

その秘密組織、あるいはカバル、の頂点にいるパワーある数人は、その真実を隠蔽させておくことができるので、政府に国政選挙へのロシアの介入について騒ぎ立てる根拠を与えているのです。でもその抗議の声もうわべだけにすぎません。民主主義国家の中で最もイルミナティが支配するアメリカ合衆国は、歴史的に多くの国々の選挙を自分の利益のために操作して独裁的支配者を置いたり、支持してきました。愛する兄弟姉妹たち、あなたたちがこの地球転生を志願した一つの理由は、その人々が何世代にわたる政府の腐敗を暴露し、駆逐する助けをすることです。その売り買いはいまでも闇の人間たちによって行われています。
 
「若い人たちは携帯電話でソーシャルメディアに依存していて、将来を担うはずの彼らが携帯から眼を離せないので、私たちが期待できるような明るい未来が望めません。何か希望になるものが見えますか?」

もちろん希望が見えます!たくさんの若い人たちが第四密度のスピリチュアルと意識レベルの気づきを持ってやってきています。彼らは聡明で、はっきりと意見を述べ、直観に従う叡智を伴った共感力とビジョンを持っています。そして大部分はソーシャルメディアのスピードと広さを使って、より良い世界を作りたいという彼らの願いを達成するために前進しています。

若い人たちの多く・・そして大人も・・の携帯電話の使用は確かに前向きとは言えません。でも上昇する波動エネルギーによって暮らしのあらゆる側面での質が高まって行くので、ソーシャルメディアによって、つまらないことやプロパガンダ、辛辣な言葉を流したり、読んだりすることの感情的な無意味さに社会が気づき、やがて電気付属機器としての携帯電話はなくなるでしょう。地球の歴史で未来が今ほど明るい時代はありません。それは今日の若い人たち、明日のリーダーたちが、それをやってくれるからです。

このメッセージで取り上げた全ての問題の中心に波動エネルギーがありますが、それにはもっともな理由があります。あなたたちが土地のことを考えるときは、とにかく“場所、場所、場所”が最も重要ですね。地球は彼女の持ち物の中でも計り知れないほど価値のあるものですが、彼女にとって“波動エネルギー、波動エネルギー、波動エネルギー」が何よりも重要です。愛するファミリー、あなたたちが光の中にしっかりといることが、地球の波動エネルギーレベルを上昇させ続けるのに役立っています。それだけではありません。それはあなたたちの世界も高めているのです。あらゆる場所のあらゆるものが、他のあらゆる場所のあらゆるものに影響します・・地球の波動エネルギーは太陽系へ、銀河系へ、そして宇宙へと向かって行くのです。

大宇宙コスモスで最高の波動エネルギーである無条件の愛で、全ての光の存在たちがあなたたちを称え、支えています。
                                   _____________________



 愛と平和を



スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄


(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)



月曜日, 2月 19, 2018

マシュー君のメッセージ(135)

2018年2月13日



変化の証拠、偏見、祈りとメディテーション、集合エネルギーと集合意識、諜報エージェント、自由意志、宇宙戦争、ルシファー

マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。たくさんの人々の気持ちを代弁しているある読者からのコメントをシェアします。「マシューや他のメッセンジャーたちは光が世界を変革していると言います。私にはそれが現実になっているという証拠が見えません」。そして、対立する国家、政府内の政治的内部抗争、貧富の格差、残忍な政権、無差別テロ、サイバースペースと核戦争の恐れという状況を挙げています。

そのような状況があなたたちの世界にまだあるのは、それらがそれぞれのエネルギーの経過を辿り終えていないからです。僕たちに見えているように、あなたたちにもその証拠が見えるとどんなにいいでしょう。そのような状況のエネルギーストリーマー(流れ)や他のネガティブな付加(アタッチメント)をもつ全ての力を光が着実に消しているのです。愛するファミリー、第3密度の苦難が終わりつつあるという紛れもない証拠をどうしても見たいというあなたたちの気持ちはわかります。そして、それをあなたたちは見ることになります。光が闇に根ざすあらゆるものを弱め、あなたたちの世界から徐々になくし続けているので、あなたたちがライトワーカーとしてしっかりといることがあなたたちと地球にとって大きな助けになるのです。

「どうぞマシューに訊いてください。どうして人種差別や宗教的偏見が増大しているのですか?光が強くなっているのですから、減っているはずではないでしょうか?」

以前より増大しているのではありません。それが人類に及ぼしたダメージ(被害)が癒されるように、長い間の破壊的なことが“明るみに出され”ているのです。偏見は持って生まれるものではありません・・何世紀に渡って世代を通して徹底的に教え込まれるものです。それがもたらしている対立こそ闇の人間たちが大衆を支配する上での強力な味方なのです。偏見は、姿が異なる、異なる信仰、異なる社会的、文化的あるいは人種的遺産、異なる思想を持つ人々に対する優越的態度として見られますが、実際はそのような違いへの恐れから来る不安感なのです。そのような態度も変わりつつあります。波動エネルギーが引き続き高まり、意識とスピリチュアルレベルの気づきが広まるに連れて、全ての人々は劣っているとみなす転生を自分たちが経験してきていることを知るでしょう。全ての存在が本来は一つというワンネスを知るでしょう。そして人類はあらゆる人々が誰でも持っている憧れ、夢そして家族愛によって結ばれるでしょう。

「私はもう平和デモに参加することはできませんし、それらの団体に寄付するお金もありません。平和のために祈ることでそのような大事な取り組みに貢献できるでしょうか?」
 

ええ、本当にできます。祈りとは、宗教的な本の言葉を繰り返したり、神を何と呼ぼうと、それに何か特別なことを願ったり、受け取ったことに感謝することだとあなたたちは教えられています。祈りはそれよりはるかに意味のあることなのです・・それはあなたたちのあらゆる思考と感情です。

僕たちが何度も言っているように、思考と感情はエネルギーであり、宇宙の引き寄せの法則がそれを集合意識にある同じエネルギーと結びつけ、あなたたちに引き戻すのです。祈りが平和を願うものであれば、そのエネルギーは広まり、さらに多くの同じものを引き戻し、地球に平和をもたらしているたくさんの集合エネルギーに加わります。世界平和は心の平和から始まる、とも言いました・・そのような高い波動エネルギーが流れ出して同様なエネルギーと交わる時、その波及効果は計り知れません。  

世界中でメディテーションの会を開いているグループの数が増大していることも付け加えたいと思います。人々が一緒になって平和に心を集中すると・・動物たちへの優しさ、国際的協調、相互尊重、環境保全、あらゆるものの繁栄など、あなたたちが世界に望むものすべてです・・そのエネルギーは級数的に増大し、それらのアイデアの現実化を日毎に引き寄せます。メディテーショングループの祈りとそれに積極的に、あるいは遠くから参加することの価値は過小評価できません。    

また、全く異なることでの集合エネルギーについても質問がきています。

「北朝鮮の核脅威、他の敵対的な核兵器保有国、アメリカ政府の軍備拡張計画、核戦争についての議論などへの世界中の不安が重なり合ったら、発射された核弾頭の爆発を防ぐETの能力よりも強力になるのではないでしょうか?」

いいえ。地球の住民たちがお互いにそして自然と平和に暮らして欲しいというガイアの願い、そして安全で平和な世界を望む人々の願いにある光は、核兵器や戦争についての考えや言葉からの総合エネルギーよりもはるかに強力です。そしてそのような戦争を起こそうという計画もありません。そうは言っても、宇宙での核爆発はあってはならないという創造主の命令があるために、あなたたちの上空にいる宇宙船乗組員たちは、惑星上のすべての場所に保管されているものを含め、発射される核弾頭を全て同時に機能停止にするテクノロジーを持っています。 

「イルミナティのスパイ(二重スパイ)は全ての情報機関にいるのですか?そのような危険な仕事をなぜ人は引き受けるのでしょう?」


イルミナティはあらゆる国の情報機関にエージェントを持っていて、上位ランクの幹部たちに正確な情報を送ったり、もし命令されれば、怪しまない情報源に偽情報を送ったりします。それらのエージェントの一部はスパイですが、そのような役目で働く他の人間たちはイルミナティではありません。二重スパイについて言えば、買収や脅迫、あるいは家族の安全が脅かされたためそうしている人たちもいます・・これはイルミナティの人を集める戦術です。政府の政策に不満を持っているために他の政府へ便宜を図る人たちもいます。ほとんどは自分の国への愛国心からそうするのです。スパイ行為・・そしてプライベートな暮らしの監視・・があなたたちの歴史の本の単なる1章になる日も近いでしょう。 

「どうかマシューに尋ねてください。神が私たちに自由意志を与えたのなら、どうして神はアヌンナキとカバリストたちに私たちの自由意志の選択を徹底的に奪うことを許し、そのために私たちの自由が制限され、彼らの経済的奴隷になっているのでしょうか?」


一部の人間たちは自分たちの自由意志を使って他の人たちの行動を阻害します。けれども、どのような状況に対してであれ、それへのあなたたちの反応の選択についてあなたたちがどう思い、感じるかを誰も妨害したり、限定することは決してできません。

ですから、創造主は大宇宙コスモスの全ての魂たちに自由意志とそれに本来備わっている具現化能力の贈り物を与えました。この宇宙の神と他の宇宙の統治者たちは、それぞれの宇宙の全ての魂たちの自由意志の選択を尊重するというこの大宇宙コスモスの法を遵守しなければなりません。有史以前から、この宇宙の魂たちはこの贈物を使って、他の計り知れない数の魂たちの自由と経済的豊かさを抑圧して来ました。僕の母が神にどうしてそれを許したのか聞くと、神はこう答えました。

           何にも増して、創造主の自由意志の法がある。しかしたとえ誰かがそれを使って他の人間を傷つけたとしても、私には何もできない。だから、私はその最初の人間の傷つける行為を全て経験するだけでなく、2番目の人間の傷つく感覚を全て経験するのだ。私は、人間や他の生命体がこの宇宙のどこにいようと、その全ての苦しみから逃れることはできないし、同じように全ての喜びを経験しないこともできない。だからこの自由意志の行為を私が“許す”という問題ではないのだ。わかるね?

      あなたたちの政府は本当に自分たちを恥ずかしいと思うべきだ。なぜなら、宇宙の真理を明らかにすることになっていた時限を当に過ぎているし、そこにいる他の生命体がこの肉体転生の間にスピリチュアルに完全に開花することを妨げているからだ。つまり、あなたたちの政府が多くの真理を隠しているために、あなたたちは経験の選択をごまかされているのだ。あなたたちの教会指導者たちも同じだ。地球は、人々のそれぞれの気づきの遅れを心から悲しんでいる。特に人間同士と動物への扱いに関して、そこに今転生している魂たちによって選ばれたスピリチュアルな気づきの進展が大幅に遅れていることがある。

      「では、実際何十億という魂たちがわずかなの強力な人々の自由意志の決定によって犠牲になっているとあなたは言っているのですね」 

      いや、いや、私はそうは言っていない。それに私が言いたいことはそれでもない。あなたが感想をタイプし始めたので、私は話が途中で終わってしまったんだよ。魂、肉体ではない、がここでは問題なのだ、スージー。確かに、起きているたくさんのことは本来合意されたことではない。しかし、今その魂レベルでの修正が行われている。あなたが言うように、本当に他人を“犠牲に”している人間たちは・・私に言わせると“本来の合意に従って生きていない”人間たちだ・・実際は自分自身の魂の進化だけを犠牲にしているのだ。数少ない“加害者たち”の自由意志のせいで本来の選んだ学びを経験していない人たち、あなたたちが“犠牲者”と見ている人たちは、そこでの肉体転生を離れてから、それが地球であろうとそこを超える場所にいようと、魂の飛躍的成長を遂げている。しかしもちろん彼らは意識レベルではそれに気づくことはないがね。(『マシューブック:新しい時代への輝き』からのこの抜粋は1989年に受信されました)。

ありがとうございます、お母さん。さて、神は許されていることをやっています・・神は、地球の全ての魂たちが自由に生き、地球の豊かさを平等に共有して欲しいと言うガイアの自由意志の選択を尊重しています。それを達成する助けとして、神はスピリチュアルに進化した強力な宇宙文明社会が莫大な量の光を地球に送り、それらの文明社会からのボランティアが地球に転成して人々の気づきを助けることを認めたのです。リニアル時間の80年以上前にガイアが彼女の選択を表明して以来、地球上の光は着実に強さを増しています。そして気づきを得た人々が自由意志を使って望むものを創造しています・・全ての存在に自由と公平さと繁栄がある平和な世界です。これが遅々としてしか進まないことが度々あるように見えるかもしれませんが、地球の文明社会のスピリチュアルと意識レベルでの進化は、この宇宙でも未曾有のスピードで起きています。

「“闇の人間たち”は第四密度やそれ以上の高い次元では存在できないとよく言われています。もしそうであるのなら、言われている宇宙戦争をどう解釈したらいいのでしょう?そして“堕天使”ルシファーの存在はどうなんでしょう?」


そのような戦争では、密度とは場所のことで、スピリチュアルな進化の地位ではありません・・人々と文明社会は知性とテクノロジーの発達では高く進化しているかもしれませんが、彼らには生命力であるわずかな閃光しか光がないのです。時間のないコンティニュウム(時空連続体)の中の一部のエネルギーレベルでは、そのような戦争が進行中ですが、別のレベルでは戦いは鎮まっています。また別のレベルでは、以前の戦争好きだった人間たちが平和に暮らしています。それはあなたたちの時間感覚で短い間だったり、永劫だったりします。

ルシファーについての理論が対立しているように見えるのは、時間のないことが原因です。創造主の自らの最初の顕現であった大天使ルシファーには“始まり“の純粋な愛と光のエネルギーが残っています。同”時“に、彼と他の天使たちは創造主のエネルギーを使って生命体を創造する材料を開発することを考えています。また別のアストラル領域では、彼らはその材料を使って実験をすることを始めています・・これが密度の始まりです。

同時に別の領域では、彼らは知性と感情を持つ半動物半人間の生き物や獰猛だったりおとなしいドラゴンを陸地と海に作っています。そうすることで、彼らはより密度の重いエネルギーを作り、そこに“堕ちて”、光の中にあった“始まり”からさらに離れて行っています。あなたたちの神話にあるようなそのような長命の哀れな生き物を作って喜んでいるために、ルシファーと彼の仲間たちは、時には“ルシファーエネルギー”と呼ばれるさらに重い密度のエネルギーを作り、その中に堕ちて行っています。そして、以上のすべてが異なる波動エネルギーの無数の領域で起きているまさに同じ瞬間に、ルシファーと彼と一緒に“堕ちた”天使たちの一部が彼らの道の誤りに気づいて、いまは光に戻る様々な段階にいます。
 
愛する兄弟姉妹たち。この宇宙では、あれもあればこれもあるとか、何かのタイミングで起きることなど何もありません・・あらゆることは“今”あるのです。そしてあらゆる場所にある、あらゆることが、ほかのあらゆる場所の、ほかのあらゆることに影響します・・それほどあなたたちのあらゆる考え、感情、行為が遠くまで影響するのです。でも、宇宙の仕組みはシンプルです。人々が複雑に考え混乱を招いて、自由意志の贈り物を誤って使うのは低い意識レベルにあるからにすぎません。進化とともに、創造主が全ての魂たちを生まれさせた時に意図した・・神性なる・・生を、ただ本来のあるがままでいることで経験するようになるでしょう。それは、大宇宙コスモスの独立した、しかしほかの全ての魂たちと不可分の、愛と光のエネルギーから創造された唯一の神性なる永遠の魂という存在です。
                     ______________________________




愛と平和を



スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄




(転載自由:原典を明記してくださると嬉しいです)

土曜日, 1月 20, 2018

マシュー君のメッセージ(134)

2018年1月14日




2018年の楽観的気持ち、地球の着実なアセンションコース、気候変動、トランプとプーチン大統領、2016年大統領選挙の干渉、ETのディスクロージャー、イルミナティの崩壊、内なる平和

マシューです。この宇宙ステーションにいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。たくさんの僕たちの愛する地球ファミリーが自信と楽観的気持ちで新年を迎えているのを見るのはとても喜ばしいことです・・物事が早く進展し始めれば、このような態度でいることがふさわしいことに気づくでしょう。僕たちは、そこにいる全ての人たちが希望に溢れた将来への展望を持って欲しいと思いますが、それが極めて困難である人たちもいることも知っています。

ある読者が長いコメントの中で、「光が闇を駆逐しつつあるという兆候は全くありません。闇は刻々とその暗さを増しつつあります」と言い、そして「もし彼(マシュー)が言っていることが本当なら、それは今から何世紀も先のことでしょう。これからそうなるだろうと言うのでさえ人を惑わすことです」と結んでいます。この愛する魂を僕たちは悲しく思います。彼女は、希望を持たらす光に心を閉ざしているので、光の高い波動エネルギーが入れず、彼女が言う主にアメリカ合衆国政府が取っている方向についての失望感を一掃することができないのです。

以下のような読者の見方は歓迎です。「トランプの大統領としての役割は、どのように私たちが自由になるために必要な場所に向かう助けになっているのでしょう?」確かに、アメリカ合衆国だけに深刻な分断化が広まっているわけではありませんが、大統領の決定は世界中の国々に影響を与えると言うことです。あなたたちが見ているそこに起きていることは、ほかの全ての場所でも同じように、いわば表向きの顔です。見えないところで起きていること、そしてそれが集めている地球の可能性のエネルギー場での勢いを僕たちは知っているので、あなたたちが不安に思う行為は、強度を増している光が混乱から秩序をもたらし、分別ある論議と究極的な和解を世界の舞台に先導するための触媒だと言えます。

1年前に僕たちがメッセージで言ったことが今具体化しつつあります・・まだ漠然としていますが、形となり明確さを得つつあります。

      惑星の波動エネルギーが、地球とその全ての生命体にとって最も役に立つ取り組みだけを力づけ、後押しするでしょう。そうではないものは全て長くは留まっていられないでしょう。

      苦労して勝ち取った社会的公正さの権利と進歩が無駄になることはありません。後戻りすることが地球の人々の運命ではなく、それは平和、相互の尊重、協力、自然と調和した暮らしに向かって絶え間なく前進することです。(2016年12月9日)

そのような素晴らしい世界が一瞬に起きることはないですが・・なぜなら人々はそれが可能だと信じていないからです・・それに何世紀も掛かることはありません。はるか遠くの宇宙文明社会人たちや近くにいる宇宙船の乗組員たちからの様々な支援、そして地球のライトワーカーたちの計り知れない貢献によって、宇宙でもかつてないスピードで地球の人々の第3密度の深い眠りから気づきの目覚めへの変換が起きています。意識とスピリチュアルの前進に10年の遅れがありましたが、全ての市民に平等の権利を認める法律ができたことを考えて見てください。以前は、多くの人々には不公正な偏見や差別、卑劣な扱いに対して何も手段がなかったのです。実際、地球の全ての人々に公正さがもたらされるまでには長い道のりがありますが、その一人ひとりは神の等しい分身であり、その全てを神は無条件に愛しています。その時は日毎に近づいています。

“ユートピア”は小説でフィクションです。でもそこに描かれている生活は全てに行き渡っている愛のエネルギーのパワーから来ています。それはガイアが選んだ地球の姿とそこの全ての暮らしと同じです。ですから、あなたたちと惑星地球は強烈な光の領域に向かっているのです。そこでは愛という高い波動エネルギーしか存在できません。無数の魂たちが第3密度カルマを完了することを選び、それに全ての人々の自由意志が一緒になって、それが始まった80数年前以来、ジグザグのコースをたどって来ました。地球がしっかりとアセンションを続け、次々とより密度の軽いアストラル領域に入って行くにつれ、よりまっすぐでスムースなコースになって行くでしょう。 

気候に関しては、あなたたちの質問をここに加えなくても、僕たちのコメントははっきりしています。まず言っておきますが、記録的な低温と積雪は“地球温暖化科学説”が間違っていることを証明するわけではありませんし、オーストラリアの異常熱波もそれを証明するものではありません。

“気候変動“と言う言葉は何が起きているかを如実に示しています。でもそれが自然に起きているという説・・かつての灼熱の地球がその後突然氷河期になり、それが長期の熱帯気候に移り、また突然氷河期に移行すると言うことを繰り返す・・はもっともらしい理論です。記録されている惑星地球の歴史で、異常な高温や異常に強大な嵐の一つの原因である人為的な気象操作があったことはこれまで決してありませんし、有毒物質などによってこれほど大気が汚染されたこともありません。そのどちらも自然には起きません。

エル・ニーニョとラ・ニーナは気候変動の原因ではなく、その結果です。火山噴火、地震や揺れは、それらの二つの原因の一つも人工的であるという意味でのみ気候変動に関係しています・・化石燃料の抽出そのものとそれに関わるプロセスによる地球への深刻な影響です。

また別の原因は、地球がネガティビティ(破壊的エネルギー)を溜めこまないように放出することですが、彼女がそれをする必要があるのは人間たちの行為のせいで、それがネガティビティを生んでいます。いいえ、氷河期も煮えたぎるような世界も地球の未来にはありません。そうです、地球は今も世界中の温暖気候に向かって進んでいます。同時に、そうです、その点で「人間の干渉が地球の進展の妨げになっています」。けれども惑星地球の全ての暮らしぶりはより良い方向に向かっているので、気候変動プロセスはスピードを増して行くでしょう。
  
「マシューが、トランプ大統領について批判的なことを言うことはジャッジすることになり、彼のいる宇宙領域の魂たちもそれはしないので、控えているのは理解できます。でもトランプとプーチンとの間の結託があったのかどうかは私たちに言えるのではないでしょうか?」
もし“結託”が、トランプがアメリカ合衆国の経済制裁を止める代わりに、トランプ大統領の有利になる選挙結果に影響を与えるためにプーチン大統領が何でもするという公式合意があったと言う意味であれば、そのような合意はなく、従って結託はありませんでした。真相はこうです。トランプ大統領は、たしかにヒラリー・クリントンの信用を落とすような情報をロシア人たちから欲していました。そして彼は、彼の経済的取引を知っているロシア人たちにはそれらの情報を公にしてもらいたくないと思っています。彼は公式に必要とされているその報告をしなかったのです。どちらの大統領もお互いの国が友好関係にあってほしいと心から願っています。
   
「2016年の大統領選挙に誰が“干渉した”かについて、マシューの情報は信じられると思います。ロシア/プーチンが責任あると一般に信じられていますが、この主張が本当であるという動かぬ証拠はありません。コンピュータのハッキングを実際にやった人間の証拠があるのなら、どうしてそれがこれまで明らかにされないのでしょうか?」

ロシアについての広く信じられている考えは、プーチン大統領が協力を拒否したことへのイルミナティの見せしめですが、真実を知らないことから来ています。

プーチン自身と僕たちのメッセージの読者たちの他に、彼が“干渉”を命じなかったことを確かに知っている唯一の人間は、ハッキングをしたイルミナティの諜報員たちと、同じ諜報部にいる僕たちの特殊部隊員たちだけです。ですから、僕たちが言えるのはこのような問題で一般に信じられていることは、どのような事でも何度も繰り返されると“事実”になると言う良い例です。ヒラリー・クリントンのイルミナティ仲間が民主党全国委員会にいることを示す証拠が大統領選挙前に入手できる状態でした。彼らはその証拠が一般に知られたり、ロシアが潔白であることが証明されて欲しくないので、買収、脅迫、殺しの脅し、暗殺によってその証拠を隠しています。でもその真実は明らかになるでしょう。

「アメリカのニュースでのETの宇宙船の映像が、政府の隠蔽が終わり、ディスクロージャー(情報公開)がもうすぐ起きるということになるのを願っています」

それは心強い最初のステップでしたね。政府もやがては他の宇宙文明社会の存在を認めることでしょう。けれども、この政権は混乱状態にあるために、地球外生命体の存在を公式に発表する予定は今はなく、それがいつ優先事項になるのかもはっきりしません。完全な情報公開には宇宙船の着陸やあなたたちの中にいる宇宙ファミリーメンバーたちの紹介が含まれますが、それがいつになるのか僕たちも知りません・・神のみが全員の安全が保証される時期を知っているので、そのタイミングの責任を負っています。

僕たちが観察することからすると、アメリカ合衆国政府は他の宇宙文明社会の存在とは何の関係のないことについての情報を公開することの方により関心があるようです。一部の政府関係者たちは、奴隷と小児愛者組織、不正な麻薬取引、融資会社、税金、証券取引所の支配による世界経済操作、主要メディアの支配、政府、宗教、教育、娯楽分野への影響力、テログループの資金源にもなっている莫大な金銭の横領、世界中の混乱の扇動といったことの背後にいる人間たちを明らかにし、責任を取らせる国際的取り組みに関わっています。つまり、イルミナティとその子分たちを根こそぎにすることです。

このような悪どい活動に少しでも真実の光が照らされると、イルミナティは必ず“陰謀説”としてラベルを貼って来ました。それはそのような情報をゴミとして片付けるために作られた言葉で、そのようにして彼らの入念に作られた嘘のネットワークを守っているのです。今そのネットワークが急速に解体し、たくさんの人々が逮捕されているので、イルミナティはドミノのように崩壊していくでしょう。

あなたたちの周りは、矛盾する報告、重要な事実の省略による歪曲、不完全な言語の訳、事実として伝えられた意見や誤った解釈、膨大な数の意図的な虚偽を含む歴史的な情報で満ち溢れています。ですから、そうです、“情報の消化と判断”の燃え尽き症候群になるかもしれません。でも世界の出来事を知ることを避けるのではなく、あなたたちが最も信頼できると感じるソースだけに限定してください。あなたたちの見極める力に磨きをかけること、そして内なる声に問うことで本当のものとそうでないものを選り分けてください・・魂は何が真実で、そうでないかを知っています。

そして、愛する魂たち、どうか“ニュース”に感情的に引き込まれないようにしてください。この瞬間のあなたたちの世界のような混乱した世界に僕たちも暮らして来ました。全てのことは、魂の集合体がバランスと進化の達成のために選んだことをいま経験しているのだとなかなか思えないのは僕たちもわかります。世界の動きにあっては、思いやり、共感、心配りに感情が伴う必要はありません。単に、あらゆる地球の存在に愛と光を送り平和を感じてください・・内なる平和のエネルギーが平和な世界を創造するのです。

この宇宙の全ての光の存在たちが無条件の愛であなたたちを支え、あなたたちの前進を励ましています。
                                        _______________________


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文: Matthew's Messages
訳文責: 森田 玄


(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)

日曜日, 12月 31, 2017

マシュー君のメッセージ(133)

遅くなりましたが今年最後のメッセージを送ります。いつも読んでくださっている読者の皆様に心から感謝すると同時に、このメッセージが現代の混乱の時代に皆様の人生への何らかの励ましとエンパワーメントになれば幸いに思います。

2018年がさらに素晴らしい気づきの年になることをお祈りします。
                             森田 玄

    ********************************

2017年12月16日 


 
10年の遅れの終り、愛と光を送ること、フランシス法王、パレレルワールドとポッシブルワールド、地球のETたちの姿、宇宙ファミリーの親戚たち


マシューです。この宇宙ステーションにいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。毎年あなたたちの聖なる日々の季節には、持てる人々が持たざる人々に分かち合うというたくさんの良いことが世界中で起こります。寛大さ、気配り、思いやりの心がたくさんの光をもたらします。このような日々が間近になっている地球はかつてないほどに輝いています。

前回のメッセージで、たくさんの魂たちが選んだカルマを経験する状況を作った後は、光の勢力に加わるという合意を一部の魂たちが無視したために起きた、地球の人々のスピリチュアルと意識レベルでの進化の遅れの10年が、あなたたちの2017年で終わると言いました。ではそれをこれまで起きたこと、そしてこれから起こることという観点から見てみましょう。

ほんの80数年前、地球がまだ第3密度に深く閉じ込められていた時、気づきを得た人はほとんど誰もいませんでした。他の宇宙文明社会からの光の注入によって地球のアセンションができるようになり、それを地球住民の全てが受けられるようになりました。そしてボランティアたちが彼らの故郷の星からやってきて、地球社会の人間として光を放ちました。気づきを得て応えた人たちが自分自身の光を送り始め、地球上に増大する光が他の人々の心を揺すぶって開いていきました。そのようにして、この数十年間にわたってゆっくりと確実に気づきを得た魂の数が増えていきました。これ以降は、光が強大になり“愛の革命”となって地球を取り囲み、地球の黄金時代が満開になって輝くまで、その数は増大していくでしょう。
 
最近来たメールが、他のライトワーカーたちもこのように思っているかもしれないという思いを引き起こしました。

「私は本当に立派なライトワーカーになりたいです。でも人々や動物を虐待する人たちに愛や光をどうしても送れません。“彼らもそれを最も必要としている私たちの宇宙ファミリーのメンバーです”とどうか私に言わないでください。それはわかっています。彼らのやることとあるがままの彼らをどう区別したらいいのか分かりません。この世から離れた、あるいはスピリチュアルな意味の愛は、家族や友人たちに自然に感じる愛とは違うものでしょうか?」

ある意味では同じと言えますが、スピリットに属するとされる愛と、科学に属するとされる光は一つであり、同じエネルギーです。ですからほとんど事実上の違いはありません。でも、エネルギーは“光”と“愛”の部分に分けられないのですが、どちらの方法にも表現でき、またどちらの方法にも経験できます。ごく簡単に言えば、光は目に見える輝きとして経験され、愛はお互いに愛し合う人たちの感情として経験されます。でもこれには他の面も入って来ます。エネルギーは、存在するあらゆる魂がすることを絶え間なく引き入れている宇宙意識です。

エネルギーは中立です。それぞれのストリーマー(エネルギーの流れ)は思考と感情に付加された意図によって方向づけられます・・その意図が目に見える輝きであれば、視覚は太陽か電気照明器具によってもたらされる光を見ます。その意図が愛であれば、その感覚がもたらされ、愛に基づいた行動が自然にそれに伴います。エネルギーの流れにどのような意図が送り込まれたとしても、宇宙の引き寄せの法則は、それ以上のものを引き寄せます。そして、愛は内面でそれ自身の神性さを輝かしている光であり、創造主の純粋な愛と光の要素です。その輝く量は魂にある光の量に一致します。

闇の人間たちは心の闇に道を見失ったのです。彼らには生命力であるわずかな閃光以外心に光がありません。彼らの考えと感情に付加している意図はその深い空虚さから来ています。彼らが送る闇は彼ら自身に戻ってくるのです。光だけがその空隙を埋め、愛から生まれる行為を育てます。僕たちがそのような人たちに愛と光を送るように言うのは、地球上の全ての命の為からです・・闇の低い波動エネルギーを愛の高い波動エネルギーに変換することで、闇はなくなるのです。

僕と母との交信が始まってからまもなく、彼女は恐ろしい苦しみを作る人間たちへの彼女の思いと彼らへの彼女の感情を区別できないと僕に言いました。僕が彼女に言ったことが、同じような気持ちを持つ読者たちに役立てればいいと思います。 

「お母さん、疑いや不安の闇の中にいる人には、懐中電灯を照らして確信と安心できる道に導いてあげるでしょう?それらの魂たちは道に迷って、恐れで動けなくなっているのです。彼らの行為で彼らを見るのではなく、あなたが世界に望むことを思ってください。親切さ、思いやり、公正さと分かち合いを思ってください。世界の人々が調和と平和と愛に暮らすことを思ってください。そしてその思いを闇の中にいるそれらの魂たちに送ってください」

愛する家族たち、“世界を照らす”あなたたちのパワーを決して侮ってはいけません!   

「親切さを装っていますが、フランシス法王はイルミナティに仕え、ネオナチグループに肩入れしている悪人だと聞きました。私はカトリック信者ではありませんが、それが本当だとはなかなか思えません」

それは本当ではありません。真相はこうです。フランシス法王はイルミナティから容赦ない反対に遭遇しています。それは彼が、高位の枢機卿たちを追放や降格させ、生贄の儀式・・バチカンは悪魔崇拝の国際的本部です・・を止めさせ、バチカンが非人道的に蓄積した富を貧しい人々の暮らしの向上に使い、大衆をコントロールするために作られた何世紀に渡る教義を終わらせようと全力を尽くしているからです。彼は、愛、思いやり、共感、人間性、許しといった宗教のスピリチュアルな面を身をもって見せているのです。それは全てイルミナティの利権と目的とは全く相容れません。フランシス法王のナチとのつながりがあるとすれば、それは第二次世界大戦のナチスによって盗まれ、バチカンに隠されている重要な美術品を正統な持ち主に返したいという彼の望みです。

「マシューがメッセージの中で言うまで、私はパラレルワールドやポッシブル(可能な)ワールドのことは聞いたことはありませんでした。それらは何ですか、大事なことなのですか?」

僕たちはそれらの世界を地球に関することとして話していましたが、あなたたちが個人的な世界をどのように創造するかは、同じ原則であり、それらは確かに重要なことなのでとても関心があるでしょう。人生の重要な分岐点に到達した時はいつでもあなたたちはパラレルワールドを始めているのです・・どのような仕事をやって行くか、大学に行くかそれとも特性を活かす道を選ぶか、どのような会社に就くか、誰と結婚するか、いくらお金を貯めるか、どこに引っ越しするか、などかもしれません。

2つの良い就職先から採用通知をもらったとしましょう。その仕事がもたらすことを思い、どちらがあなたが望むような未来を導いてくれるのだろうと考えるときは、両方に大きなエネルギーを注いでいます。エネルギーは決して破壊されません。あなたが“取らなかった方の道”に向けたエネルギーは、あなたが決める以前に起きていたことに沿って当然のコースを辿り続けます。

そのコースは、“別の就職先を選ばないことで、確かに正しい選択をした”といったその後の思いと感情のエネルギーによってさらに方向と勢いを与えられます。あるいは、“他の仕事を引き受けていたら、海外で働いているだろうし、旅行して世界をもっと知ることができただろう”。あるいは、”他の仕事もこれと同じようにストレスの多かったのだろうか“と言ったことです。あなたの決心の前後に”他の仕事“に向けた全てのエネルギーが、あなたが生むエネルギーに応じたパラレルワールドを創造するのです。それは出会う全ての”分岐点“でも同じです。

パラレルワールドがあなたたちのアカシックレコードのライフプリント(人生の全てのファイル)になることはありませんが、そのような意識レベルでは知ることがない無数の世界にあるエネルギーが無駄になることは何もありません。それは別のシステムの中に記録され、あなたたちが選んだカルマ学習の潜在意識のヘルパーとして、この転生で有効に利用されるのです。パラレルワールドも等しく役に立ちますが、そのような学習をマスターすることを選ぶ“未来の”肉体を持つ転生でも役に立てることが可能です。そしてそのサポートがどこに行くかについての混乱は全くありません。宇宙の総合意識の波動振動波に登録されるそれぞれの魂の記録は、魂のアカシックレコードとそのパラレルワールドの記録システムに永遠に加えられます。そして後者から、どこで肉体転生を経験していようとエネルギーストリーマー(流れ)が間違いなくその魂に流れて行くのです。

パラレルワールドとポッシブルワールドには二つの主な違いがあります。まず、ポッシブルワールドは完全に意識的な気づきの中でのことで、プロバブル(起こりうる)ワールドやさらには“確実に起きること”にまで至ることがあります。例として、あなたが旅行に行くことを思い立ったとしましょう。そのことにさらに意識を向けると・・どこに、いつ行くか、そして使う予算はどうするか・・可能性の世界が起こりうる世界になり、それは出発という確実性にならない限りそのままの状態でいます。次に、パラレルワールドのエネルギーストリーマーはポッシブル(可能性)ワールドのものよりはるかに強力です。旅行のアイデアが一次的な考えにとどまっている限りは、それは弱いストリーマーを形成し、それが方向づけのためのアタッチメント(付加)を待っているエネルギーのプールと合体するまではただ漂っています。
 
「あなたが言った、人間に見えるETたちは“特殊部隊”で、自分たちの正体を明らかにした後もそのままの姿なのですか、それとも“本当の”姿に変換するのですか?」


他の宇宙文明社会から来たと彼ら自身が言っても、ほとんどの人たちは信じられないでしょう。ですから多分彼らは誰でもわかる姿で自己紹介してから、本来の元の姿に戻って、変化がわかるようにするでしょう。その後は、一緒に働く人たちが誰でも最も居心地の良いと感じる姿になると僕たちは思います。付け加えますが、意識レベルとスピリチュアルレベルでの進化には、花々や動物たちの違いと同じように、人々の身体的な違いを自然に受け入れることがあります。

あなたたちは、地球外生命体の訪問者たちの一部と同じ祖先であることを発見するかもしれません。地球を助けているたくさんの宇宙文明社会の一つのあるメンバーが、メッセージで家族のつながりについて話しています。お母さん、アグネスの話したその部分をここにコピーしてください。

   私の文明社会は地球の初期人口種付けによる植民の一部に責任がありました。私たちはいつでも、この大気の中に生きている人間たちだけでなく、あなたたちの繁殖と経験のための故郷に選ばれたその理想郷を愛おしく思っています。いつの日か、栄光と見返りの元にあなたたちと再結合することになっていましたが、あなたたちの側からそのような再結合をしようという試みはまだありません。これは恐れと記憶喪失からですが、それで私たちのつながりが変わることはありませんし、私たちの愛と兄弟愛が減少するわけでもありません。ですから、この厳しい変化の時代にどうして私たちがここにいるのか、それでよくお分かりでしょう。

   私たちの目的は、私たち自身の起源からここにやって来た魂たちと再結合することです。あらゆる魂は神の目からみれば貴重な存在ですから、私たちが勝手にある魂を差別したり、高めたりすることはありません。それはまるで地球の家族がいとこや叔母、叔父を呼んで、おじいちゃん、おばあちゃんの屋根の下に全員が再結合するようなものです。それは自然に選ばれるものですね。道を通りがかった人を誰でも招く必要があるとは思わないでしょう?それが私たちの使命であり目的です。はい、そうですね、いつでも神のです。(これらの抜粋は、『新しい時代への啓示』にある1994年に受け取った“アグネス”の章からです)

ありがとうございます、お母さん。愛する兄弟姉妹たち、あなたたちの宗教的行事や気分が高まる音楽と家族と友人たちとの行事のお祝いの季節に、僕たちは無条件の愛と喜びをもってあなたたちと供にいます。あなたたちの人生への恵みとこれから起こる素晴らしい出来事へのワクワクする気持ち、そして平和な心への感謝の気持ちで新年を迎えてください・・世界の平和は心の平和から始まります。
                              _______________________


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)