水曜日, 12月 13, 2017

コネクション・プラクティス・セミナーのご案内

急な話ですが、12月26〜27日に東京で「コネクション・プラクティス基礎コースパート1」を開催します。

この慌ただしい、溢れる情報が交錯し、混乱する世界にあって、私たちは何を指針に、何を根拠に、何を信じて生きていけるのでしょうか?

マシュー君が一貫して私たちに伝えているメッセージがあります。

それは、「答えは、あなた自身の心に聞きなさい」です。

別に新しいメッセージでもなく、昔から言われてきた言葉ですね。そうなんです・・誰でも”心では”知っているのです。

でも、一体どうやったら心に答えを聞けるのか、私たち普通の人間にその具体的な方法を教えてくれたマスターはいません。

どんなに脳科学が発達しても、脳に答えがあると思っている人はいないでしょう。

心の臓器と書いて「心臓」と言います。そうなんです・・まさに心臓(ハート)が心(ハート)のポータル(入り口)であることが科学的に実証されつつあるのです。

心臓にも「心臓脳」と呼ばれる神経系が発見され、脳神経学に代わる新しい「心臓神経学」が今注目されています。

カリフォルニアにあるハートマス研究所は、脳と心臓とをエネルギー的に同期させる(コヒーランス)ことで、人間のあらゆるレベルの能力と知性を高め、ストレスを抑えて感情をコントロール し、さらに最高の叡智にアクセスできることを科学的に示しました。

ハートに答えを聞く実際的なスキルがハートマスのコヒーランステクニックです。

コネクション・プラクティスは、NVC(非暴力コミュニケーション)の共感スキルとハートマスのコヒーランステクニックを組み合わせた、「つながり」をもたらすスキルです。

人生に「生きがい」や「意味」を求める人にぜひおすすめします。

詳細はこちら:https://www.reservestock.jp/events/232744


月曜日, 11月 27, 2017

マシュー君のメッセージ(132)


2017年11月20日

世界中の要求、サウジアラビアの逮捕劇、増大するエネルギーの症状、子供たちと携帯電話とインターネット、地球近辺のETたち、”リトルグレイ”
マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。長い間の望みと期待がおびただしい量の要求となって世界中に波打っています。市民が政府と司法制度に道徳的誠実さを。貧しい人たちが暮らしの全ての面での公平で均等な機会を。マイノリティーグループ(少数派の人々)が他のグループと同じ権利を。女性が個人、職業、文化における平等と尊重を。あらゆるところにいる人々が戦争ではなく平和を。

地球をめぐるソーシャルメディアとほとんどの国々の主要メディアを通して報道されている、それに伴う活動は全て大きな変化の前触れです。でも、光の中に活動している協力者たち、そしてその活動が闇の中に根ざし、その利権が著しく悪影響を受けている人間たちだけが、閉ざされたドアの背後で起きていることがさらに巨大な変化の前触れであり、それが惑星地球の長い闇の支配を終わらせることになるのを知っています。

何世代にわたって、地球文明社会人たちにはその支配の枷を外す機会が他にもありましたが、闇の人間たちの人々に対する恐れと嘘による拘束があまりにも恐ろしく、広く蔓延していたので、それを突き抜けることができませんでした。今回、ガイアの助けを求める声に応じて、はるか遠くの宇宙から送られ、またあなたたちのようなボランティアの人たちによって地球上で創造された光の強力な支援を、僕たちの地球ファミリーは受けています。あなたたちの内面の強さ、忍耐力、自信の光が、あらゆる人々への平和と公正さと繁栄の名の下に、人々が世界革命を突き進めるように励ましているのです。

“サウジアラビア官僚の多数逮捕は不安定な中東情勢をさらに悪化させるのでしょうか、それともあの地域にやっと安定と平和がもたらされる前触れなのでしょうか?”

あなたたちの一部の分析家たちがこの逮捕を懸念材料としているのを知っていますが、僕たちはこの国が、ISIS(イスラム国)や中東の他のテログループの資金を賄うことでイルミナティの利権を支えることをもはやしなくなる兆候だと見ています。そしてそれこそが暴力の温床になっているその地域を安定と平和の地に変えるための一歩です。僕たちはまたこの逮捕劇をイルミナティのトップにいるイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相にとっての敗北と見ています。彼は決して国民のためになることはしてきませんでしたが、その国民によって彼が政権の座から引き降ろされるとき、中東地域を撹乱状態にしておくといった意図を持つあの闇の組織はまた一つの大きな敗北を抱えることになるでしょう。

“ライトワーカー(光の使者)がこの時期どのような肉体的な経験をしているのか話してくれませんか?このことについては以前にも話してくれましたが、エネルギーが非常に高まっている今、私たちは何を期待できるのですか?私たちに情報があるともっと楽に症状に対処できるでしょう。私たちの身体が新しいエネルギーに馴染んで行って、再び元気になると期待できるでしょうか?これが全て起こる時がありますか?”

確かに、強まっているエネルギーが身体に影響を与えていて、主に疲労感や脱力感という形になっています・・あなたたちは、次のエネルギー上昇を前にして、この前のエネルギー上昇にやっと順応する時間を持てている状態です。散発的な頭痛、鬱、記憶障害、筋肉と関節痛、耳鳴り、異常な睡眠と目覚め時間、目のかすみ、筋けいれん、吐き気、かゆみなどもよくある症状です。

このような症状を和らげるには、十分な睡眠をとることです。でも睡眠の補助や元気づけ、あるいは落ち着かせるために薬は取らないようにしてください。年齢に合ったエクササイズをし、水をたくさん飲んでください。普段より食事の量を減らし、砂糖や少量の赤ワイン以外のアルコール、化学添加物の入った食べ物は避けます。もし経済的余裕があれば、オーガニック野菜、不純物のない海産物、“平飼い”の卵、鶏、肉を選んでください。体とマインド(精神)とスピリットはつながっています。ですから、精神的と感情的なストレスを減らすことも同等に大事です。ネガティブな考えをポジティブに変えましょう。できるだけ自然の中にいるようにし、優先事項を決めて1日を満足して過ごせるようにしてください。他の人たちのエネルギーから離れて、一人でいる時間を見つけます。そしてメディテーションも緊張を和らげるのに役立ちます。

愛する魂たち。あなたたち一人ひとりは唯一の存在ですから、新しいエネルギーレベルへの反応もそれぞれ異なります。でも適切な対応であなたたち自身の細胞はさらに多くの光を吸収し、それによって適応プロセスによる影響が減らせます。そして、注意してもらいたいことは、エネルギー上昇の影響は、病気の始まりや進行の兆候と同じであることです。もし症状が悪化したり、慢性化したら医療従事者に相談してください。できればホリスティック(全体医療)の診断と治療をしてくれる人がいいでしょう。

 “小さい頃にiPhoneを持ったりインターネットに夢中になることについてマシューの意見を聞いてくれませんか?”

これは親たちがするジャッジメント(批判的)な意見です。彼らに知っていてもらいたいのは、携帯電話と発信タワーからの電磁波は大人の脳に有害であるだけでなく、脳が発達途上にある若い人たちにはさらにそうであることです。パラドックス(逆説)は、子供たちが多目的携帯電話やラップトップコンピュータをあまりにも簡単にマスターするので、それらが身体の付属品になってしまうことです。でも賢明な親たちはそれを防ぐでしょう。

親たちは、子供が電話を持つ安全な年齢を医師と相談し、その使い方に制限を設け、コンピュータの時間を決め、不適切なインターネットのサイトへのアクセスをブロックできます。子供たちが家族や友人たちとなるべく交わって個人的なつながりをエンジョイすることが大事だと僕たちは思います・・話したり、笑ったり、ハグしたり、食事や外出を一緒にすることです・・そして、愛情ある関係を作ることです。それは、電子機器では決してできない、ましてやその代わりになることはできないことです。

このことを付け足しましょう。一般の人々が健康に安全な通信機器を要求するようになれば、製造者たちはそれを作るようになるでしょう。それまでは、宇宙船の搭乗員たちが彼らのテクノロジーを使ってあなたたちの有害な影響を減少させています。でも、恐れのエネルギーはあなたたちの電機的システムとは相容れない電磁波よりも多くのストレスを生むことを知ってください。 

最近ドイツ、フランス、アメリカ南西部を超スピードで横切った“ファイアーボール(火の玉)”と耳を咲くようなアラバマの“爆発”について尋ねてきた読者たちに、ニルヴァーナの地球モニター係は、天体のエネルギーが、あなたたちの上空を常に徹底的にチェックして地球の大気の有毒物質を可能な限り中和している宇宙船のテクノロジーと見事に安全に反応したと僕たちに報告しています。そのような出来事が地球に起こる瞬間は、僕たちには突然の閃光が見えます。モニター係は何がそれらを起こすのか知っています。

 “今影の政府によって開発されている、私たちの知らないところで私たちを変えることができる人工知能(AI)を生む強力なコンピュータについてはどうですか?”

まず言いますが、あなたたちの世界のあらゆることはあなたたちの経験による学びのためにそこにあるのです。車輪から最新のテクノロジーに至る全ての開発は、地球外の科学者たちによって、その情報を吸収し利用できる地球の人たちに送られています。その後の開発は良い目的にも悪い目的にも利用できます。人々の選択が魂の進化での前進か後退を決めるのです。

さて、ひそかに人工頭脳を使うことへのこの読者の懸念についてですが、それは恐れているようなレベルまではならないでしょう・・闇に基づくものは全て惑星地球の上昇し続ける波動エネルギーレベルに長く持ちこたえることはできません。あなたたちの様々なテクノロジーが良い目的で利用されれば、それらは暮らしの質を大きく高めるでしょう。AIの役割は、医療、科学的研究、交通、生産といった分野での正確さと能力を向上させることです。

すでにたくさんの仕事を置き換えているオートメーション化は、これからも続くでしょう。でもそれによって、例えば組み立てラインや採鉱作業、清掃サービスといったものよりもはるかに魂が喜ぶような雇用の教育とトレーニングプログラムの拡大がもたらされるでしょう。馴染んでいることばかりに固執する社会にとって、進歩は破壊的と考えられます。けれどもこれから起こる変化による計り知れない優れた面を人々が理解すれば、彼らは地球の近未来にあるこのワクワクする新しい世界を諸手を挙げて迎え入れるでしょう。

 “地球の近くにいるETたちは友好的で、彼らが着陸するときは彼らのテクノロジーで環境浄化を助けるだろうとマシューが言いました。他の情報源によると、ETたちは友好的で協力的なふりをしていますが、やがては私たちを破滅させるか闇の魂で私たちの肉体を乗っ取るだろうと言っています。”
その情報源を知らないので、僕たちに言えるのは、明らかに嘘の情報がもたらされることのあり得る理由だけです。それが地球外からのものであれば、多分恐怖を利用する闇の存在が、よく知られている尊敬される光の存在だと名乗って、その低い波動エネルギーを感知できない人たちにそれを送ったのです。その情報が地球からのものであれば、超能力者が、地球のパラレルワールドかあり得る世界(Possible World)に見たことをそのように解釈したか誤って解釈したのかもしれません。あるいは、闇の人間たちが恐れを引き起こすためにそのような偽の情報を創作し広めたのかもしれません。

真実は、光の存在しか地球の周りにある電磁場保護グリッドに入ることができません・・その強力な輝きのパワーのために、闇の地球外生命体(ET)たちはあなたたちの太陽系に近づくことができないのです。ですから、他の宇宙文明社会から来ている闇の存在たちは、この惑星地球に最初の居住が始まった時から、いつ頃か住んでいますが、今そこにいる者たちに残された時間はあまりありません。

 “マシューのレプタリアン司令官たちの描写は、拉致した人々に残酷な実験をする交換に高度のテクノロジーをアメリカ政府に与えたリトルグレイのように聞こえます。私の質問は、彼らは地球にいる闇のレプタリアンでしょうか?”

あなたたちがリトルグレイと呼ぶ存在は、ゼータ・レティクル星のヒューマノイド(人間)種です。彼らがアメリカ合衆国政府とそのような取り決めをしたというのは間違いです。彼らは宇宙船の設計図、ミサイルシステム、人間クローン化の知識を分け与えましたが、それは訪問者が迎え入れる側に送る贈り物といった意味のものでした。迎え入れる側にとっては彼らの地球に来る理由は問題ではなかったのです。彼らには、遺伝子サンプルを提供することになっていた魂たちとの生前の合意があったのです。

約80年前にグレイのグループが到着したはるか以前に、彼らの文明社会人たちは、故郷の星の表面から離れ、またその地中に暮らすことで侵入者たちから逃れました。クローン技術と知的能力の結集によって、人々は再びその表面を取り戻すことができるまで、何世紀に渡って死に絶えることから防ぎましたが、その結果青白い姿になってしまいました。そして彼らにとってはるかに深刻ななことは、性格から感情がなくなったことなのです。人間のDNAを持つ子孫をクローン化することで彼らに感情を取り戻したいと言う願いから、彼らと地球に転生した魂たちとの合意が導かれました。

けれども、グレイの感情喪失は2つの深刻な結果をもたらしました。ほとんどの人たちは、それを覚えている・・“面と向かって”会うことで記憶が呼び起こされました・・人たちからだけ、細胞サンプルをとると言う合意条項を守りました。でも、そのような記憶がない人が数人ありました。そして共感、感受性、思いやりといった能力がないために、そのグレイたちはその人たちに精神的ダメージを与えていることに気づかなかったのです。そして、彼らが近づいた人たちと信頼を築くための感情的な基盤がないために、誤った選択をし、裏切られたのです。

それと同時に、アメリカ政府はUFOETの報告を全て嘲笑い、彼らのお抱え科学者たちは拉致と残虐行為に彼ら自身の検証で信ぴょう性を与えて、地球外生命体(ET)についての恐れを人々に植えつけたのです。

もう一つの予期しなかった状況が、“拉致された人たち”が連れてこられた“巨大な地下の迷宮に隠れたグレイたちに起きました。それは悲惨なことになりました。彼らは地球にやって来た同じ方法ですぐ故郷と家族の元に戻れるものと思っていました。マインドパワーで非物質化し、到着後に再び物質化すると言うものです。しかし彼らの肉体が地球の第三密度エネルギーにあまりにも深く捕らわれてしまい、また彼らを皆殺しにすると言う政府の試みが失敗したため、生き残った者たちは今も地下に暮らしています。これらの高い知性を持つ人々は戦闘員ではありません。もし彼らが地球表面に出てくれば、それは多分他の宇宙文明社会人たちが到着する後でしょうが、だれかに危害を与えることなどないでしょう。

次第に、闇の人間たちが何千年に渡って地球の人々を囚われの身にするために使って来た嘘と恐れの深さを真実が明らかにしています。真実がさらに明るみにされるたびに、闇の人間たちがさらに弱くなり、最後はそこに本来あるべき歓びに満ちた暮らしを人々が持つでしょう。この宇宙全体にいる光の存在たちが、人々の前進を助け・・導いている・・あなたたちを讃えています。


                        _______________________

愛と平和を


スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages 
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記してくださると嬉しいです。)

火曜日, 11月 21, 2017

年末に熱海でローフードとコネプラの合宿をします。

以下は「きくちゆみのブログ」からの転載です。

**************************

年末に熱海でローフードとコネプラの合宿をします

年末年始にハワイから日本に戻ります。

昨年、311東日本大震災でハワイ移住をしてから6年ぶりに日本のお正月を家族で体験しました。「日本で新年を迎える」あの神聖なエネルギーをもう一度体験できると思うと、ワクワクします。

今回は私と玄さんは主に社団法人ラスールジャパンのラスール(コネクション・プラクティス認定講師)合宿と2018年1月5〜8日に開催されるコネクション・プラクティス(コネプラ)検定コースのアセッサーをするための来日で、そして私は「コネプラ➕ローフード&温泉合宿」で2017年の仕事納めです。

ティーンエイジの子どもたちは日本までは一緒に来るけど、そのあとは自分たちで自由に遊ぶようです。どんどん成長し独立していく彼らのことを嬉しく頼もしいと同時に、寂しく感じる今日この頃です。来年は娘も大学生になり、ハワイを出ることを決意しています。彼女は家を出て独立することが楽しみなようですが、私はまだ準備ができてないなあ〜。子どもの成長って、早すぎる〜

前回10月は、熱海で10日間に渡って開催されたCNVC(NVCセンター)の国際集中合宿(IIT)の通訳として帰国したのですが、その直前に同じく熱海で開催したローフードとコネプラの合宿が好評でした。

「ゆみさんのローフード食べたい」(かつて、日本各地でローフードをよく教えていた)という声もあり、少人数で開催します!

コネプラも一生役立つスキルですが、同時にロー&発酵食(特に40歳より上の方は酵素補給が大事!)と朝晩の温泉浴でカラダ(脳や心臓を含む)をデトックス&エネルギーアップ&お肌ツヤツヤ効果もあるので、一石三鳥です。(>一石三鳥を目指すことは、私のNVCのメンターであるキット・ミラーの教え)

ローフード料理人&アシスタントとして活躍したアッキーナ(竹内明菜さん)がその時のレポートを書いてくれました。

興味のある方はこちらをどうぞ。彼女のローフードもとても美味しかったです。
http://suzukiakina.wixsite.com/megurizumu/single-post/2017/10/13/Raw-Food-Conection-practice-温泉♡-熱海合宿レポート①〜お料理編〜
http://suzukiakina.wixsite.com/megurizumu/single-post/2017/10/29/Raw-Food-Conection-practice-温泉♡-熱海合宿レポート2〜コネプラ編〜 



ということで、お誘い(先着8名さま):お申し込み、お問い合わせはこちら
https://www.reservestock.jp/events/227546
https://www.facebook.com/yumi.kikuchi.39750/posts/2338559976169539?pnref=story


今回、2017年末、12月16〜20日の4泊5日で基礎コース1、2、3を学び、ローフードを食べて、心身ともに健やかさを高める合宿を開催します。2018年を心機一転で迎えたい方、心身の健やかさを大切にされている方、自分のミッションを生きたい方のご参加を歓迎します。

アッキーナとのローフードコラボレーションは2回目。お互いの好みや強みもわかり、より充実したローフードを提供できると思います。デザート付きです!

主役はコネプラの学びですが、ローフードを食べながら学ぶと、心身の健やかさも増し、学びがより深まっている様子が参加者のみなさまから伺えるので、この企画は帰国するたべいに継続できれば嬉しいです。

「年末は熱海で温泉とローフードとコネプラざんまいする!」
という人のご連絡を待っています〜

一年間頑張ったあなた自身へのプレゼント、大切な方への贈り物としても良いと思います。

木曜日, 10月 26, 2017

マシュー君のメッセージ(131)

2017年10月23日

 

恐れと思考と感情、カリフォルニアの山火事、トランプ米大統領と政府、銃乱射事件、地球温暖化、ネサラ法とET、意識


マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。

「恐れのサークル(円)からどうしたら抜け出られるのかについてのメッセージをどうかマシューに頼んでください」

まず僕たちのアドバイスですが、恐れを、サークル(円)のような終わりのないもの、あるいは他の表現で言う、自動的に繰り返されるようなサイクル(繰り返し)だと考えないでください。増大する波動エネルギーと計り知れない規模で進行中のエネルギーシフトは全てあなたたちのためになるように起きているのです・・愛する兄弟姉妹たち、どうかスピリチュアルと意識レベルの気づきの飛躍的前進を、思考と感情を恐れに支配させることで見送ることはしないでください。

思考はわずかな差で感情に先行します。“何か、もし”と言う考えが恐ろしい成り行きについてであれば、その想像する状況への恐れが当然ついてきます。考えを変えてください。お金が足らないとか仕事がなくなるという恐れを書いてきた読者たちには、引き寄せの法則があなたたちの思考と感情のエネルギーと同じものを引き寄せることを忘れないでください・・ないことや失うと思うことからの恐れではなく、それをいまあるものへの感謝にしてください。重い病気や怪我の人のことを思うのであれば、その人にとって最善のことを祈り、恐れの強力なエネルギーではなく、愛のエネルギーの比類ないパワーを送ってください。

戦争地域や貧困の中にいたり、ホームレスになっている何百万の人々に同じことをしてください。そして同時に、闇の人間たちにも。その人たちこそそれを最も必要としています。そして、あなたたちのミッション・・創造主の本質である純粋なる愛と光から創造された神性なる魂として、ただあるがままにあることであなたたちはその本質を世界に送っているのです・・を知らないと言う理由で、あなたたちがライトワーカーとして失格だという恐れを持たないでください。

いわば、より“現実的”なアドバイスとして、特に十分睡眠をとることがポジティブな考えと感情で1日を始める助けになります。一人でいることやメディテーションも役に立ちます。また特に自然に勤しむ時間を持つようにして、できるだけ気分転換をはかるのもいいです。つまらないことで気分を害したりせず、口論になりがちな人は避け、“ニュース”からは少し離れるようにしてください。受け入れてくれる人とあなたの知識をシェアし、家族や友人がそうでなくてもがっかりしないでください・・魂にはそれぞれの道と進化のスピードがあるのです。1日の終わりに、その日をどう使ったか反省して見てください。やろうとしていたことを全てしなくても、くよくよする必要はありません・・できたことに満足してください。心に平和があれば、恐れが入り込む隙間はありません。

あなたたちが質問した他の問題は主にアメリカ合衆国だけに関するものです。僕たちの以下のコメントは質問がなくても明快でしょう。では多くの国々の読者たちに恐れをもたらしていることから始めましょう。

核ミサイルが、意図的であれ、人間のミスや技術的誤作動、あるいはテロ組織の手に入ったためであれ、どのような国によって発射されても、あなたたちの上空にいる宇宙船搭乗員たちが察知して爆発を阻止することは間違いありません。

カリフォルニアのすごい山火事は破滅的になるように仕組まれていました。噴霧用飛行機からの消火剤の効果がなくなるような物質が加えられ、火事が急速に広がり、消防士たちの消化活動が困難になるように人工的に強風が起こされたのです。

ラスベガスの銃乱射事件はCIAのイルミナティ分派が計画した“闇作戦”事件で、その一部の野望に燃えた子分たちとマインドコントロールされたステファン・パドックによって実行されました。

ハービー・ウェインスタインはエンターテイメント業界・・そして政治、企業、メディア、スポーツの世界にも・・にいるセクハラや性的虐待、レイプにはまっている多くの人間たちの一人に過ぎません。彼らや他にもたくさんの人々が性的奴隷、児童売買とペドフィリア、高級売春組織、ポルノ、実際の殺人を撮った“スナッフフィルム“、悪魔儀式に関わり、そこから利益を得ています。

トランプ大統領をめぐる可能性のエネルギー場での混乱によって、短期または長期の成り行き、あるいは大統領の椅子の継続期間についての明確な予測ができないでいます。いま僕たちが言えるのは、表に見えないところでこの政府の一部のメンバーたちが軍や他の国内、海外の機関の人たちと一緒にその国と世界に権力支配を振るってきた闇の人間たちを明るみに出し、起訴する準備をしていることです。 
  
「何千もの反体制派たちが国連軍兵士によって逮捕され、FEMA(米連邦緊急事態管理局)の強制収容所に入れられる」ことはありません。

銃乱射事件は憲法修正第2条によって可能になっています。その解釈が暴力的文化とそれに慣れ切っている国民を生んでいます。「自由国家の安全保障によく統制された国民軍が必要とされるため、武器を保有し所持する人民の権利は損なわれてはならない」と225年前に書かれましたが、当時の武器はマスケット銃で、英国の支配から苦労して勝ち取ったこの若い国の自由を守るためには統制された国民軍が必要だったのです。しかし政府はその修正条項を今日の戦場用に作られた兵器を保有する権利だと解釈する人々の側に立っているのです。いえ、違います。銃乱射事件に巻き込まれた人たちが全て・・死ぬ人、人生が一転するような負傷をする人、影響を受ける全ての家族や友人、銃撃者自身・・魂の合意を完了しているわけではありません。そして、このような事件は、暴力の蔓延を減らそうという常識的な手段について国民の合意ができるまで続くでしょう。

どうかこのことをしっかりと心に留めておいてください。惑星地球上と社会に増大している波動エネルギーがイルミナティのネットワークの残骸を消滅させ、世界中の草の根運動を成功させ拡大させているのです。ここから見ていると、あなたたちライトワーカーが貢献している進歩は驚くほどですよ。  

 「一部の科学者たちは、地球温暖化は地球だけに限らず、他の惑星も温度が上昇している兆候があると言っています。これが私たちに危険を及ぼす前兆になるのか、どうかマシューに聞いてもらえますか?」

全くありません。あなたたちの太陽系はわずかに温度が上昇しています。また宇宙全体で生じている光のために太陽活動が活発になっています。瀕死の状態になっている惑星の“離陸”とアセンションを可能にするために十分な光をたくさんの強力な宇宙文明社会が送り込むといった壮大なことは、言ってみれば、他のあらゆるものを“動か”さずには起こりえません。異常気温は地球全体が温暖な気候に引き続いて向かうにつれて収まっていくでしょう。

そのような自然のプロセスがあるからと言って、気象操作、森林破壊と大気、土壌、水の汚染・・それらの地球温暖化の原因によって地球が目標とする気候に到達するのが遅れています・・を終わらせる社会の責任が免除されるわけではありません。彼女(地球)が到達するであろう目標も、“小氷河期”が迫っているといった説の不安への説明になるでしょう・・そのようなことはこの先一切起こりません。

フラッキング(天然ガス採掘)についての僕たちのコメントは、全ての化石燃料の採掘も含まれます。このガイアの惑星体破壊が、莫大な光の注入でそれが解放された80数年前まで、それを第3密度に深く閉じ込めてきた原因です。石炭は地球の細胞であり、石油と天然ガスはその循環器系です。それらの資源を取り出して使い、地球の呼吸器系であるあなたたちの大気を汚染することは、健全な姿に戻ろうとする彼女の努力を妨害しているのです。広まっている波動エネルギーに応えて、エネルギー供給企業たちが再生可能なエネルギー源に投資しています。社会の具現化能力が高まれば、金属や水晶の採掘も不必要になるでしょう。

「(9月の)メッセージで、9・11によってディスクロージャー(情報公開)とネサラ法の発表が阻止されたと言っています。宇宙人の着陸などというほとんどの人々には信じ難いことが、どうして全く関連性のない新経済システムと一緒に発表されるのですか?」


最初に言いますが、ネサラ法の経済部門、これは法案で完全に詳しく説明できませんでした、そして政府内の変更の二つだけが議会資料の中に入れることができた条項です。

ネサラ法がそのように導入されたのには2つの理由があります。アメリカ合衆国が当時世界最強の国家であったことです。それらの条項はその法制度内にあります。それは、この法律についての考えが人々の集合意識に入り、そうすることで地球の可能性のエネルギー場に“可能性”を確立させるための手段だったのです。イルミナティのトップに位置する当時のクリントン大統領がその法律にかん口令を敷きました。なぜなら、外国での紛争を仕掛け、拡大させ、そして世界経済を支配するための重要拠点の一つであるその政府のイルミナティの支配をそれが排除するからでした。やがてネサラ法は光の発信者からチャネリングによって受信者に送られたメッセージによって知られるようになりました。彼らはその情報を広め、そのエネルギーの流れに勢いを加えたのです。

さて、宇宙人とネサラ法が全く関係しないことは決してありません。この法律は地球の黄金時代のための法的基盤です。それはガイアの惑星体とその全ての住民たちのビジョンに即して、最高宇宙評議会によって立案されました。この法案を提出した国会議員は宇宙人でした。もっとも、そのようには見えなかったのは確かです。聖ジャーマインは経済改革条項の先頭に立ったグループの中でもっとも知られています。地球支援にやってきたボランティアの中には、社会全体に役立つ経済システムを実行することに経験豊かな魂たちがいます。

その全てとそれ以上のことが、国際的に尊敬されている人たちと宇宙からの訪問客たちによって世界中にテレビ中継で説明されることになっていたのですが、それは“9・11”で妨害されたのです。イルミナティはその真実を上手に一般に知られないようにしてきましたが、ライトワーカーたちと地球を囲んでいる宇宙船やあなたたちの中にいる他の文明社会からのファミリーは、ネサラ法の全容に匹敵する素晴らしい進歩を達成しています。お母さん、その変革の全貌とそのプロセスがどのように展開しているかについての情報があるメッセージの日付を書いてください。(2004年7月16日のメッセージにネサラ法の目的があります。またマシューとハトンが2006年8月13日のメッセージでその進展について話しています。情報が一般に行き渡らない難しさについては2004年3月1日と2016年4月16日のメッセージにあります。ネサラ法について良くある誤解についての記述は2013年3月11日のメッセージがもっともカバーしています。)ありがとうございます。
   
「他にも、共時性の重要性や私たちは一つであることを知ること、自分の考えをよく観察することの大事さ、私たちが同時にたくさんの密度を経験していることを言っているものがあります。これはコンティニュウム(時空連続体)の別の説明でしょうか?それだと“タイムトラベル”の解釈を見直す必要があります。多分“トラベル”するのではなく、気づきがコンティニュウムの“入り口”に入るのかもしれませんね?」

タイムトラベルとコンティニュウムと気づきの点をつないだこの読者に拍手を送ります・・本当に洞察に満ちた見方ですが、これにはそれ以上のことがあります。
 
前のメッセージで、あなたたちが過去、現在、未来だと思っていることは全てコンティニュウムの中の異なるエネルギー次元で同時に起きていると僕たちは言いました。これを別の言い方だと、この宇宙全体に存在する全てのものは、“いま“というこの同じ瞬間の意識によって具現化された/されている/永遠にされるであろう、です。さらに高次の真理は、あらゆる、そして唯一のものは意識である、です。

今の時点ではこれはあなたたちには理解しがたいことでしょう。でも魂レベルで知っていることを次々と発見するうちに、少しずつ明らかになっていくでしょう。あなたたちが発見すればするほど、自己パワーが増し、どのような“時点”や地点を選んでも、“考えるだけでそこに行ける”能力が高まるでしょう。大事な人に会いたい、どこかの世界の“過去”や“未来”の時代を見たい、マスターのクラスに参加したいと思うかもしれません。エーテル体になって宇宙旅行で天空を探求できます。宇宙船に搭乗し、行きたいところをビジョンし、非物質化し、そこで再び物質化できます。あるいは、自分の家で居心地よい椅子に座りながら、思い通りのものを遠隔で見れます。そう言ったことを意識を持って楽しめると言っているのです。あなたたちの多くはこれを深いメディテーションや眠っている間に潜在意識的にやっているのです。もしそれが後者なら、あなたたちが夢というのは、実際の再会か、見たり経験した出来事の、多分象徴的な記憶である場合が多いです。

親愛なる魂たち、あなたたちの想像を超える冒険が待っています。それは、あなたたちがこの宇宙でこれまでどこに住み、どこを訪れ、どんなに簡単にあちこち旅行したのか覚えていないからです。あなたたちがどんなにパワーある多次元的存在なのか覚えていないからです。でもそうなるでしょう・・再び・・そしてこの転生を見直す準備ができるとき、あなたたちが光の中にしっかりと留まったことが、地球文明社会の目覚めと、その黄金時代の豊かさの実現に貢献したことに満足することでしょう。
                        _______________________

愛と平和を




スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)

火曜日, 10月 03, 2017

心と身体/感謝することの科学的意味

古来から、ほとんどの文化で心と身体がつながっているのは当然のこととされ、私たちも日頃の経験からなんとなくそう理解していることですが、それを科学的、医学的に証明するとなると非常に困難なようです。それは心という存在が未だに現代科学では捉えられない領域だからでしょう。

心を解明する科学というとすぐ脳科学が浮かびますが、では「心は身体のどこにあると思いますか?」と尋ねると、まず頭を指す人は皆無で、ほとんどの人は胸や心臓のあたりを自然に指しますね。

脳の働きとは、私たちの意識や認知、記憶といった範囲や領域のことで、心はもっと深いところにあるようです。どうやら胸にある心臓がそれに関わっていると想像するのは難しい事ではありません。

実際、古代では心臓が心と知性の象徴だと考えられていました。例えば、古代エジプト文明では、ミイラの脇に死者の脳ではなく心臓だけが大事に保管されていました。あの世に行くと、心臓の重さを測る裁判官のような存在がいて、もしそれがダチョウの羽よりも軽かったら天国に行け、重かったら地獄に行くとされていました。



ところで心臓脳という言葉を知っているでしょうか。実は心臓にも頭脳と全く同じ神経細胞ネットワークがあることが明らかにされています。さらに、心臓の驚くような様々な機能が明らかにされています。



1990年始めから脳と心臓の関係を研究しているカリフォルニアのハートマス研究所は、脳と心臓を同期(シンクロ)させるとストレスが緩和/解消され、脳だけでなく身体のあらゆる機能が向上することを発見しました。

脳と心臓が同期している状態はコヒーランス状態と呼ばれています。さらにハートマス研究所は、私たちの感情がコヒーランスと密接な関係があることを明らかにしています。
(心臓の心拍変動とネガティブな感情(イライラ)、ポジティブな感情(感謝)との相関性を示すグラフ)


上図のグラフは、心(感情)が身体(心臓)にどのように影響するかを初めて科学的に計測可能な数値として明らかにしたものです。言い換えると、初めて心を測ることに成功したとも言えます。

さらに研究を重ねた結果、様々の感情の中で感謝の気持ちが最も高いコヒーランスをもたらすことがわかりました。

私たちの感情(心)と身体(心臓/脳/全身の器官や細胞)が密接につながっていて、それらが相互に影響していることが科学的に解明されつつあるのです。

そして、心と身体のバランスに決定的なファクターはコヒーランスであることがわかって来ました。つまり脳と心臓を同期させることが極めて重要なのです。そこに思考(マインド)は一切関係ありません。逆に、どのように思考や意識の介入を防いで、心につながるかが大事なのです。

それがコヒーランステクニックと呼ばれる子供でもできる簡単なスキルです。ハートマス研究所はコヒーランスを測定するエムウェーブというコンピュータソフトを開発し、世界中でたくさんの人々に利用されています。

特筆することは、その医療面での利用です。中でもADHDや自閉症などの発達障害の子供たちへの治療に著しい効果があることが多数報告されています。

クイック・コヒーランス・テクニックは、意識や頭にあるエネルギーをハート(心臓)のあたりに集中し(ハートフォーカス)、そこから呼吸をするようにゆっくりと深い呼吸を繰り返す(ハート呼吸) 、そしてハートを感謝やポジティブな気持ちで満たす(ハートフィーリング)という3つのステップになっています。

私たちの心(感情)がどのように身体に生理学的に影響するのかを実証する実験写真を紹介しましょう。



写真提供©️ハートマス研究所


最初の写真は、通常の(コヒーランスではない)状態の唾液の顕微鏡写真です。唾液の細胞組織が混然としています。同じ人がコヒーランステクニックを行って5分後に撮ったのが下の写真です。組織構造が結晶のように整然としています。

唾液の構造が変化したことが一目瞭然ですね。このようにコヒーランスの効果は即身体に反映されます。

食事の前に「頂きます」と感謝するのは、単なる形式的な儀礼ではなく、その感謝の心が実際に身体の生理を変化させ、唾液の構造/成分を向上させることで、食事をより美味しくいただけるし、より健康になるわけです。



(ハートマス研究所が開発したコヒーランステクニックとNVCの共感を組み合わせたコネクション・プラクティスに関するお問い合わせは一般社団法人ラスールジャパンにどうぞ)


月曜日, 10月 02, 2017

マシュー君のメッセージ(130)

今回のメッセージには9・11事件について驚くようなことが書いてあります。

”2001年9月12日に予定されていたディスクロージャーとネサラ法の発表を妨害するために、9・11のアメリカ合衆国国民への裏切り行為がその政府によって遂行されました。”

マシューが、初めて明確に9・11がアメリカ政府によって仕組まれたことを言明したのです。

そもそも私がこのメッセージをブログに書こうと思い立ったのは、2008年友人から送られて来たマシューのメッセージの中に9・11はアメリカ政府の内部犯行(Inside job)だと書かれていたからです。しかもマシューはそれを事件の3日後に言っているのです。それ以来、マシューは一貫してアメリカ政府の関与を匂わせるメッセージを送って来ていましたが、今回はっきりとそれを言明したのです。

考えてみれば、あの事件はアメリカ政府と軍そしてCIA/FBIの協力がなければ不可能なことは明らかです。しかし、完全にコントロールされたメディアが、そのような疑問をことごとく否定あるいは無視したために、国民も世界の人々も「陰謀論」というレッテルに騙されてしまったのです。今でも知識人、ジャーナリスト、政治家などに陰謀論を信じている人たちが多数いるのは嘆かわしいことです。

ハイジャック犯とされている人たちが全員サウジアラビア国籍だったこともあり、ツインタワー崩壊による犠牲者たちの遺族たちが、最近サウジアラビア政府の事件への関与を示す証拠が出て来たことから、サウジ政府に対して訴訟を起こす動きがあり、サウジ政府とアメリカ政府がそれを阻止しようと躍起になっているというニュースもあります。

色々な意味で「ディスクロージャー」が近いんでしょう。

*※※***********************************

2017年9月25日


北朝鮮、9・11によって阻止されたディスクロージャーとネサラ法発表、メッセージの日時、ミステリーサークル、混乱とモンスター嵐、レプタリアンとDNA、闇の人間たちに光を送る、”善と悪” 

マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから心からのご挨拶をします。北朝鮮を巡っての不安が高まるにつれ、「ETの存在で核戦争が回避されるのなら、宇宙船が着陸できるのでしょうか?」と言った質問や「ディスクロージャー(情報公開)と宇宙船着陸がすぐ起こったら、本当に役に立つでしょう」と言ったコメントが寄せられています。親愛なる魂たち、エスカレートしている言葉遣いが核戦争に発展することは絶対ありません。それに核弾頭ミサイルがたとえ発射されても、宇宙船の搭乗員たちが爆発を阻止するでしょう。     

ディスクロージャーと着陸については、前にあなたたちに言ったことが今でも当てはまります。着陸チームと地球の人々の安全がいつ確保されるかは神のみが知ることができるので、神がそのタイミングを決めるのです。地球外生命体(ET)の存在の公式発表についての最終的詳細は、そのタイミングに合わせて調整されるでしょう。でも基本プランには何の変更がないと僕たちは聞いています。全ての国のネットワークに向けたテレビ放送を通じて、国際的に尊敬されている人たちが、友好的な宇宙文明人たちの宇宙船があなたたちの上空にいて、その一部が今すぐ着陸すると発表するでしょう。

次に、下船する乗組員たちを歓迎するよく知られた要人たちが放映されるでしょう。そしてその時点でないにしても、その後まもなく、世界中で色々なミッションに携わっている僕たちの宇宙ファミリーのメンバーたちが会議型式のテレビ放送で紹介されるでしょう。一般の人々が訪問者たちと馴染んでくるにつれ・・そしてこの宇宙全体にいる光の存在たちが、地球の人々がこれらの宇宙ファミリーと交歓するのを見て大喜びするでしょう・・彼らの中の科学者たちとあなたたちの専門家チームがアイデアとテクノロジーを出し合い、地球の回復が本格的に始まるでしょう。   

ディスクロージャーが12月21日にあるというのは本当ですかと尋ねてきた読者の皆さんへ、不可能なものはないと考えていいと僕たちは言いますが、どうか当てにしないでください。イルミナティは、友好的なETたちが何光年も離れたところに存在するかもしれないと人々が想像することさえして欲しくないのです。2001年9月12日に予定されていたディスクロージャーとネサラ法の発表を妨害するために、9・11のアメリカ合衆国国民への裏切り行為がその政府によって遂行されました。それ以来、イルミナティはその恐ろしい攻撃についての真相と当時知られていたであろう情報を巧みに隠し続けているのです。

間違いなく他の宇宙文明人たちの存在が公式に明らかにされるでしょう。でも一部のインターネット上で出回っている日に起こるとは期待しないでください・・闇のソース(情報源)が起きもしない出来事の日時をでっちあげています。その日が来て何も起きないと、多分起こる人々の反応は失望、落胆、怒りなどの感情です。それが闇の人間たちが糧にする低い波動エネルギーを生みます。そのように何も起きないことで、チャネリングされたメッセージはどれも信じられないと人々が確信すれば、それは闇の策略の効果を倍にすることになるでしょう。

ここでミステリーサークルについての質問に答えたいと思います。というのは、それがディスクロージャーと宇宙船着陸に関わっているからです。では、それについて話しましょう。まずですが、それらは地球の周りにいる宇宙船の一部に乗船している、いわば専門的なアーティストたちによって作られています。彼らの心に集中したイメージが電磁気的な“型版”を創造し、それが選ばれた畑にエネルギー的に伝達され、そこでそれがアーティストの極めて詳細なイメージに正確に沿って穀物の茎を曲げるのです。


 
サークルの中にはメッセージを伝えるものがありますが、それを作っている人たちはそれが正確に理解されることは稀なのを知っているので、それらのデザインは主に美しさと畏怖を目的にしています。サークルのそのような面を味わうために解釈は必要ないでしょう。そしてそれよりもはるかに重要なことは、その目的です。それらは宇宙文明人たちが近くにいるという明白な証拠です。彼らが地球まで旅行できるのですから、地球に侵入する能力があることは確かです。でもそうしていません。40数年間主に英国で、でも他の多くの国でも同様に、一晩のうちに現れるこれらの驚くような模様は、今ではその数が千以上になり、あなたたちの科学者や指導者たちの首を傾げさせて来ました。それだけでも主要メディアが決して口に出さない理由になるでしょうが、検閲の本当の理由はそれらの精巧さと急な出現が人間の手では不可能だからです・・一体誰がこれをやっているのでしょう?

イルミナティは知っています。だからこそ彼らは映画やゲーム産業への影響力を使って、地球を征服しその住民たちを殺すか奴隷にしようとするグロテスクな野獣として地球外生命体(ET)が描かれているのです。あなたたちの上空にいるこれらの訪問者たちがたくさんの方法で地球を救っていること、そして彼らが着陸するときは、彼らの計り知れない支援が地球環境の修復まで及ぶことを人々が知ったら、人々は微塵の恐れもなく、他の世界からやって来たこの魅力的で親しみある愛すべき人々を両手を広げて歓迎するでしょう。

しかし闇の人間たちは恐れのエネルギーが生存のための頼りです。ですから“エイリアン”を歪曲するだけでなく、テクノロジーを満載した宇宙船の着陸を阻止しなければならないのです。彼らはあなたたちの世界を何かと混乱状態にしておくことでそれをやっています。戦争やテロ事件そして悪性伝染病を引き起こすことで広範囲な混乱と恐怖を生んでいますが、経済危機や異常気象も同じように彼らの役に立っています。最近の例は、アメリカ合衆国にいる彼らの子分たちが仕組み、強大化させた異常な一連の壊滅的ハリケーンがあります。ロシアが地球工学的に仕組んだことだと非難されるとしたら、それは彼らへの協力を拒否しているプーチン大統領に対する別の報復攻撃でしょう。

宇宙船の乗組員たちは破壊的な風水害の影響をできる限り抑えていますが、このような出来事は直接影響を受けた何百万の人々には個人的な悲劇であり、がれき処理と再建作業は被害地にとって深刻な財政的、物流的状況になっています。けれども強大な嵐のポジティブな影響は・・同じことが山火事と地震にも言えますが・・それが母なる自然のすることであろうと人間の仕業であろうと、ネガティブな影響を上回っているのです。それらがネガティビティ(破壊的エネルギー)を解放するので、それが蓄積して闇の人間たちの精神の食糧貯蔵庫にはなれないのです。 

それらは何百万の魂たちが選択したカルマ学習を経験する機会なのです。被災地への世界中で溢れる祈り、遠方からのボランティアたちや物資救援、高まる草の根の支援が・・愛と光の働きです・・惑星地球と社会の波動エネルギーをさらに高めています。そして、破壊的な出来事があるたびに、闇の人間たちが存続させようとしている分断化よりも、心を合わせることがはるかに全ての人々のためになるという気づきが高まっています。

「この地球に動き回っているレプタリアンたちのことをどうしてマシューは言わないのでしょう?政府内にもメディアにもいる、変身能力のある存在たちです。進行中の善と悪との戦いについて、悪魔崇拝、悪霊という意味ですが、どうして話さないのでしょう?」

まず言いますが、地球にいるレプタリアンたちが全て闇ではありませんし、闇に傾倒している人間たちが全てレプタリアンでもありません。確かに一部の人々はそうです・・血統を純潔に保っている王族、富と権力のために結婚する“支配一族”のメンバーたち、政府に強大な影響力を持つ人間たちです・・でもレプタリアンよりもより多くの人間たちが闇に染まっているのです。そしてその全てが地球外にいる闇の勢力の操り人形なのです。また光に満ちた人間の文明社会人たちがいるように、光に満ちたレプタリアンの文明社会人たちがいます。後者は彼らの人種を闇と同じ意味で捉えている誤った考えをなんとか無くしたいと思っています。そして、彼らは他の人種たちと協力して、宇宙で大混乱を引き起こしている彼らの闇の同類たちの活動を阻止しようと働いています。

あらゆる生物種のDNAはそれぞれに特有のものですが、生理学的な違いが正しい道、あるいは邪悪な道に導くわけではありません。どの種であれ、それは一人ひとりが決める自由意志の選択の問題です・・ある魂は一部の面で著しく進化していても、生命力であるわずかな閃光以外は何も光がないかもしれません。けれども地球上と地球外にいるレプタリアンはそのDNAのおかげで地球人よりも知性と物質化能力が優れています・・彼らが変身できるのはそのためです・・人間とレプタリアンの親を持つ子供は両方のDNAを受け継いでいます。繰り返しますが、このDNA構成の違いが、人を光や闇に向かわせる意識的な選択に影響をすることはありません。

親愛なる兄弟姉妹たち、あなたたちはただそのままであることで光を発しているのです。それが闇に陥っている全ての人々に届いていると思ってください・・その人たちが何よりも光を必要としているからです。宇宙で最強のこのフォース(力)がないことが、人々に恐れを引き起こすことでその空隙を満たそうとする気持ちを彼らに起こさせています・・彼らが生き延び、彼ら自身の恐れを抑え込むためにはその低い波動エネルギーが必要だからです。彼らは自分たちを世界の正当な統治者だと見ています。そして光の高い波動エネルギーがそこに及べば、その支配が失われることを恐れています。それこそまさに光が今していることです。でも彼らが自分たちの破滅だと思っていることは、彼らの救済になるのです。あなたたちが送っている、愛と同じエネルギーである光の津波によって、長い間閉じ込められている人々がその闇を克服することができるでしょう。
    
ではここからは僕一人が話します。20数年前に二人のレプタリアン司令官がニルヴァーナに来て、他の銀河系から私たちの銀河系に入って来た侵略者たちの拡大を彼らの軍隊がどのように阻止するかについて宇宙評議会に説明しました。彼らの知性とその率直な能力の説明は本当に印象的でしたが、特に注目すべきは彼らの目的でした。レプタリアンは戦士と兵力に勝る文明社会に対してしか敬意を払わないことで宇宙で知られています。しかし彼らは、地球の霊界と、この銀河系の愛と光が支配するすべての世界を守る意思があることを宇宙評議会に知ってもらいたかったのです。

あなたたちには興味があることと思いますが、司令官たちの身体は普通の成人の人間よりも背が低く、ほっそりして、毛はなく、皮膚は灰色で目は黒く、鋭い目つきでした。それではあまり魅力的には聞こえないかもしれませんが、シンプルできちっとした制服に身を包み、落ち着いて静かに自信溢れたその様子は極めて威厳がありました。種全体としてはレプタリアンは望む姿にいくらでも瞬く間に変身できるので、その文明社会によって大きく姿が変わっています。

会議の後、司令官の一人が本のためにプレゼンテーションを僕の母へ送ることを宇宙評議会から許可されました。彼の啓発的な情報は数年前のメッセージに入っています。(ホリスのプレゼンテーションと彼の人々と故郷の説明は『宇宙の声』の章と2009年6月24日のメッセージにあります。)ありがとうございます、お母さん。

さて、“善と悪との戦い“をより高い認識から見ると光対光の欠如です。デビル(悪霊)やサタン(悪魔)は、ネガティブなアタッチメント(付加)を持つあらゆる考え、感情、行為から発せられるエネルギーから作られた巨大な宇宙のフォースフィールド(力の場)である闇の勢力を擬人化した名前です。自分勝手なわずかな数の人間たちによって、人々を支配する目的で作られた宗教的信仰には人々が死後どこに行くかを決める崇高な存在があります。

もし“善人”と判断されると、安らかな場所に行き、そこに永遠に留まるという見返りが与えられ、“悪人”と判断されると悪霊や悪魔が支配する永遠の地獄に行かされます。そのような信仰が、神やアラーと言ったこの宇宙の最高の存在の名前の下に何世紀に渡って大量の流血を引き起こして来ましたが、それは“善”と“悪”はそれぞれにポジティブとネガティブなアタッチメント(付加)持つエネルギーのストリーマー(流れ)であるという宇宙のリアリティー(現実)には全く無知です。地球に送られ、またライトワーカー達が輝かしている光のおかげで、偽善の内に作られ続いて来た信仰のパワーが今消滅しつつあります。

親愛なるファミリー、そのことと意識レベルとスピリチャルな気づきの向上がすべてもっと早く進んで欲しいとあなたたちが願っているのを僕たちは知っています。あなたたちの文明社会が今のようになるまでに、あなたたちの時間概念で5万年も掛かっていることをあなたたちは覚えていないことも知っています。でも、わずか80数年前に始まった世界の変容から、あなたたちの光の助けで達成した驚くような進展をどうか見てください。

地球の人々の目覚めを助けるというあなたたちのミッションに、あなたたちが一人だけということは決してありません。僕たちや他のすべての光の存在たちが、無条件の愛という比類ないパワーであなたたちを支援しています。


                _______________________


愛と平和を


スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

(転送自由:原典を明記していただけると嬉しいです)




水曜日, 8月 30, 2017

マシュー君のメッセージ(129)

2017年8月26日

 ライトワーカーと課題、低いエネルギー、画期的進展、日食、地球温暖化、鏡と自己イメージ、偽情報、ネサラ法の債務免除条項

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。まず僕の母が受け取っているたくさんのメールとほとんど同じ内容のある読者のメールについてコメントすることから始めましょう。このような内容です。

「私が知っているライトワーカーたちは皆病気か、そうでなくても決してうらやましい状況にあるとは言えません。私たちはすべてが水の泡になるのではないかと思っています。人々は疲労困憊の極に達していて、ほかの人たちに教えるのを元気づけるのも、ただ一緒にいるのでさえ続けるだけのエネルギーがありません。マシューが何か気づきをくれるといいのですが」

親愛なる兄弟姉妹たち。あなたたちは、地球の人々が目覚めるのを助けたいと熱望して申し出る前に、密度の重い肉体が肉体的、精神的、感情的に傷つきやすいことは避けられないこと、そして第3密度世界では当たり前であるさまざまな苦難からも免れられないことを知っていました。進んでこの仕事を申し出た大多数の魂たちの中から、最も強い魂たちだけが選ばれました・・あなたたちがその中の一人なのです。なぜなら、あなたたちの中にあるほとばしるような強さが、あなたたちが遭遇する困難さを乗り越える助けになるからです。

僕たちが経験から知っていることですが、魂レベルで知られていることがすべて忘れられている時、その目標を達成することよりも、確信を持ってそのようなミッションを選ぶことの方がはるかに簡単です。けれども、意識レベルとスピリチュアルレベルの気づきが高まっているあなたたちは、ほとんどの人々が知らない情報を持っています。この話題に沿って言えば、エネルギーが低いのは増大する波動エネルギーレベルに適応している肉体反応の影響であり、光が満ちている肉体では炭素からクリスタル基盤への細胞変換の影響であることをあなたたちは知っています。この適応プロセスの副作用は緩和できます。これまでの僕たちのメッセージで述べたアドバイスを列挙するよりも、僕の母に頼んでメッセージの日付を書いてもらいました。(2013年7月4日と2014年8月2日のメッセージが最もまとまっています。気持ちが落ち込んでいるようでしたら、2010年4月26日と2015年7月19日のメッセージが助けになるでしょう。)ありがとうございます、お母さん。

あなたたちも知っているように、失望感は・・多分、進展が期待していたよりもゆっくりだからでしょう・・低い波動エネルギーを発生し、それはエネルギーレベルを低下させるだけでなく、宇宙の引き寄せの法則がそのような感情に作用して、それを引き起こす状況をさらにもたらします。そして愛する魂たち、“すべてが泡になる”どころか、元気を取り戻すもっともな理由があるんですよ。はるかかなたの強力な文明社会から送られている光と地球上で増大する光が、イルミナティと政府、企業、軍にいるその子分たちの影響を根こそぎにしています。

彼らがでっち上げたロシアとの架空の冷戦は、第三次世界大戦を引き起こそうという彼らの目標を達成することはないし、秘密作戦も成功しないでしょう。彼らが作り上げ、育ててきたイスラム国は形成が不利になってきています。あなたたちは彼らのGMO(遺伝子組み換え)食品や農薬を避けるようになっているし、彼らの処方薬の危険性は広く知られています。再生可能エネルギー分野の拡大は化石燃料産業の利潤に食い込んでいます。アメリカ合衆国大統領がパリ協定から撤退しましたが、“カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)”減少に取り組むこの協定の参加諸国に、アメリカから多数の州が加わっています。イランが核兵器を生産することはありません。もしどこかの国が核ミサイルを発射しても、宇宙ファミリーたちが爆発を遮るでしょう。

わずか数年前のあなたたちの世界情勢と比較しても、それらは画期的なことです。そして他の分野でも、動物の権利、自然療法の拡大、荒廃した地域の革新的コミュニティプログラムと再生、魂を成長させるアートの新しい視点からの見直しといった心強い歩みもあります。確かにもっとたくさんのことが成されなければなりませんし、またそうなるでしょう。草の根の運動が引き続き広まり、舞台裏で起きている重要な取り組みが実を結ぶにつれて、全ての人々は未来について元気付けられるでしょう。そして親愛なるみなさん、最後には地球の黄金時代が満開に花咲く未来になることをあなたたちは知っているのです。

あなたたちは、この惑星が本来の健康と美を完全に取り戻すまで、そこに留まることはまずないでしょう。その時には、人々は宇宙の何処へでもただ願うだけで行くことができるし、欲しいものは何でも物質化し、完全な肉体で何百年も生きることができるのですから。あなたたちはそれらと同じことを他の世界で経験するでしょう。そして地球の輝かしい時代を眺め、その文明社会がそれを共同創造する手伝いをしたという達成感を持つことができるでしょう。また再び地球がパラダイスになるときは、そこに戻って平和と愛と自然と調和した暮らしのその世界に喜びを持って何年も生きることを選ぶこともできます。

「皆既日食は世界に永続するポジティブな影響を与えるでしょうか?」

ええ、まさにそうです。それは僕たちのいる場所から素晴らしい光景でした。日食の強力なエネルギーが高まる間・・高まりは増大するもので、稲妻のように一気に打つことはありません・・たくさんの人々にあるほのかな光がいわば閃光に成長し、一方でスポットライトのように輝いている人たちもいて、その光の中の全ての活動が勢いを増しているのが見えました。このエネルギーの高まりによってネガティブな性質と行動も明らかに拡大されました。それが日食の数週間前に起きた一連の暴力や闘争心の爆発です。この新しいおびただしい光によって、そのような行為や態度の頻度と影響がさらに少なくなり、やがて闇は社会から存在しなくなるでしょう。

「今の大統領と政府は私たちの最大の影を正確に映し出していると感じています。そのことで私は感謝しています。それによって私たちが思い切って光の行動に戻れるだけでなく、私たちの“進歩”に織り込まれている悪質なネガティビティ(破壊的エネルギー)を取り除く助けになるだろうと期待できるからです。政治的牽引力を得るためにたくさんの人間たちがそのような卑劣な行動をとっている事実から、彼らが全て、いわば船と共に沈んで行くか、あるいは進化して行くことになると信じます」

この読者はアメリカ合衆国大統領と彼の政府について言っていますが、僕たちのコメントは地球の全てのファミリーに関わるものです。

最初に、“私たちの最大の影を正確に映し出し”について。誰かが何か言ったり、することをあなたたちが観察するときのあなたたちの反応は・・合意、不賛成、思いやり、怒り、喜び、悲しみなどそれが何であれ・・あなたたちのあるがままのイメージをそのまま映し出します。そして自分自身のあまり立派とは言えない部分を心の影にしまい込むことをよくします。思考と行動がどれほど自分自身のイメージとつながっているかを深く考えることは、意識レベルの気づきを高め、自己の魂に忠実であるという満足感を生みます。内省には、“私と異なる考えにも価値があると自分が思うだろうか?”、“自分もそうでありたいと思うように、他人の感情に敏感だろうか?”、“他人の意見を私の決定に取り入れているだろうか?”、“魂の合意は知ることができないのに、他人をジャッジしていないだろうか?”、“人生の恵みに感謝しているだろうか、それとも当たり前に思っているだろうか?”、“自分自身や他人を許しているだろうか、それとも後悔と怒りにしがみついているだろうか?”、“つまらないことで自分のバランスを失っているだろうか?”、“自分の直観を信じているだろうか、それとも未だ外に答えを求めているだろうか?”などがあります。

世界中の、さらに大勢の人々が気づきを得、断固たる態度を取り始めているので、“思い切って光の行動に戻る”ことが起きています。“戦争でなく平和”、“憎しみでなく愛”、“全ての人々に平等の権利”を呼びかけるスローガンが世界中で鳴り響いています。これが光の活動です。そして最初からライトワーカーたちはその先導者なのです。
  
そして、“彼らは全ていわば船と共に沈んで行くか、あるいは進化して行くでしょう”。どの魂でも光を受け入れるか、入れないかの選択ができます。そうしないことを選ぶ人たちは、ニルヴァーナでのライフプリント(転生の記録)の見直しの際に自分の過ちを見ることで、他の転生で“光を見る”決意を強固にします。

前回のメッセージには、読者が“信頼できるソース”からとして、たくさんのネガティブなET グループが“魂を取り除き、永久に奪う”テクノロジーを使っていると言う情報がありました。明らかに、闇の人間たちはゲームを拡大して、地球転生が終わる際に起こることについてとんでもない説を作り上げ、恐れを増長させようとしています。以下は最近僕の母に送られてきたたくさんのメールの内の2つです・・僕たちの回答は僕たちのメッセージをよく知っている全ての人たちへのリマインダーであり、新しい人たちには必要な警告です。

死後、私たちの移行を妨害するために、光のトンネルと私たちを迎える存在がどのように闇によって作られているかという記事が最近いくつも書かれています。その上、私たちが会う存在たちは、私たちがカルマの負債を清算しなければならないと言って、すぐさま私たちを別の服務に参入させるそうです。見かけとは違う人々に出迎えられて、また転生を繰り返させられるだけになるというのは本当ですか?“我が家”に戻ることを妨げられて、天国ではないそれらしい場所に行ってしまうことがあるのでしょうか?」

 ここで唯一の真実は、“(あなたたちの)カルマの負債を(あなたたちは)清算しなければならない“だけです。でもこれを正確に表現して見ましょう。魂は意識レベルとスピリチュアルレベルで成長する、あるいは進化するのに必要なバランスある経験をするためにカルマ学習を選択します。その学習を完了することが成長、進化であり、それはあらゆる魂のあらゆる転生での目標です。

「私が読んだことを確認できますか?地球はホログラムで、その周りにエネルギー網があり、魂を捕まえて決して終わらない転生の循環に入れるそうです。それは私たちを捕らえて入れる“魂の飼育場”のようなもので、存在たちが自分たちの目的に私たちのエネルギーを使うためです。死後に光に行くというのは、私たちを捕らえて再利用するための罠なのでしょうか?」

地球が、宇宙の他の惑星と同様に、ホログラムであることは確かです。また転生の循環が、この宇宙の崇高の存在、そしてそれから大宇宙コスモスに存在する全てのものの起源である創造主と魂が再統合するまで続くことも本当です。その情報の残りの部分は嘘です。

著名で尊敬されている光の存在だと主張する卑しい存在と無意識につながってメッセージを受け取っている人たちもいれば、“チャネリング“されたメッセージが地球の闇の人間たちによって書かれている場合もあります。それらのソースからの情報には読者たちが共鳴するような真実がわずかに含まれているので、騙されて嘘の恐ろしい部分までも信じてしまうのです。

恐れこそまさに闇の発信元が目的としたことです・・彼らは恐れの低い波動エネルギーを糧としているので、それなしには生き残れません。内陸の山々の頂まで到達するほどの沿岸部の洪水やイエローストーン火山の差し迫った破滅的噴火、地球と衝突する軌道にある天体といった天災の予測は同じ隠された目的があります。でもそれらが一旦インターネット上に載ると、そのような予測は善意の人々によって広められてしまいます。どのような情報にも決して恐れてはいけませんと僕たちが何度も言っているのは、そのような恐れが繰り返し作られるからです・・そうではなく、あらゆる真理を知っている魂から意識へのメッセージである直観を信頼してください。

マシューにこの文章についての詳しい説明をお願いします。“あなたたちも聞いているかもしれませんが、債務免除は個人レベルで行われ、全員一斉にではありません”」(2017年5月30日)

この読者に感謝します・・この文章には、以前のメッセージで書いたものより詳しい説明が確かに必要です。一般にネサラ法(NESARA)として知られるアメリカ合衆国法案の国民経済安全保障改革法を知るたくさんの人たちは、その債務免除条項をその国の全ての市民が負った債務の全額免除だと解釈しています。

それは正しくありません。その条項の意味は世界中の金銭的公平さです。それは浪費と贅沢な暮らしのせいで借金を抱えた人々の負債を清算する一方で、何も持たない故に負うものも何もない人々を無視することでは決してありません。その条項は世界経済改革の本質部分で、それによって何世紀に渡ってわずかな数の富める人間たちを肥やし、大衆を貧困に追いやってきた闇の人間たちの国際的な欺瞞と支配のネットワークを終わらせるのです。

ですから、その条項の一つの目的はイルミナティの運営機関である国際通貨基金(IMF)によって諸国に貸し付けられた融資残高の帳消しです。国家の指導者たちがその国の天然資源の支配と交換に金をもらい、その負債が国民に行った場合、融資返済と利子の支払いは、市民たちの要望に従って、その国のインフラなどの構築と整備に直接使われるでしょう。このような総合的な事業は、国際的に尊敬される人物たちからなる評議会が責任をもち、またそれが選んだ経験ある管理者たちによって監督されるでしょう。全額をすでに返済されている融資は、国民のためにその資金を使った政府に利子をつけて返済されます。それによってそれらの国の財政安定化が強化され、成長と繁栄が促進されるでしょう。
   
個人レベルでの債務救済によって、高利と重い税金を支払っている人々は恩恵を受けるでしょう。条項のこの部分は、住宅ローンなどのローンとクレジット口座の残高分を、その期間を通して支払った利子と所得税の金額だけ減らすことを命じています。支払いの組み合わせでたくさんの人々の負債がなくなるでしょう。またもしそれが負債を越える時は、個人はその超過分を与えられます。借家に住んでいたり、ホームレスの人々、あるいは学生ローンのある人々には経済的援助が与えられます・・それらも個人ベースで計算されます。そのような返済や援助を受ける資格がある人たちがすでに生きていない場合は、その金額はその家族たちに、あるいは遺書に従って分配されるでしょう。

この巨大な事業は、イルミナティが未だに握っている不正に非人道的に肥やした彼らの莫大な資産の回収後にできる限り早く開始されるでしょう。この取り組みの範囲が世界中に及び、貧困層の援助が最優先されるので、あなたたちが“自分の番”を待つ間、忍耐が必要です。そのしばらくの間、あなたたちの最善のことのために、宇宙の引き寄せの法則を使ってください・・ポジティブな考えと感情のパワーは過小評価できません。

愛するファミリー、この宇宙全体の光の存在たちは、ガイアとその地球ファミリーを助けているあなたたちの揺るぎない貢献を褒め称え、無条件の愛の比類ないエネルギーであなたたちを支援しています。
                       ___________________________   

愛と平和を




スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄


(転載自由:原典を明記していただけると嬉しいです)